ロシア留学記 11月

皆さんこんにちは!最近、ブログの更新が遅くてすみません、、、

今回のブログでは、11月に行った場所等についてまとめていきます!

お出かけ!

11月になってくると、外は寒く暗くなっていき、気持ちもだんだん下がっていき、後から予定を見たらあまり何もやっていませんでした、、、笑

モザイクの庭

現地ロシア人がオススメする観光地、モザイクの庭 (мозаичный дворик) へ行って参りました。アパートの中庭が、タイルによるモザイクで綺麗に飾られています。夏の庭園の近くにあります。ぜひ、行ってみてください!

ちょっと古い。だけど綺麗

チベット寺院

初のチベット寺院。ブッタと再開できた。

以前、ペテルブルクにあるモスクを紹介したと思いますが、それ以外にお寺もあります。最も北にあるお寺だそうです。残念ながら、日本仏教ではなくチベット仏教なのですが、それでもなにか懐かしいものを感じることができました。長期留学生は一度行ってみると良いかも?

日本フェスティバル

人気だった習字コーナー

「日本におけるロシア年、ロシアにおける日本年」の一環として日本フェスティバルが開催されました。囲碁、将棋、おりがみ、書道等の体験コーナーに加え、剣道や日本の伝統音楽の披露等もありました。知り合いとめちゃくちゃ会った日でもありました笑

サッカー観戦

ペテルブルクで大人気サッカーチーム「ゼニト」の試合を見てきました!ワールドカップのために建てられた新しいスタジアムはとても綺麗でした。また、サッカーだけでなく、ファン達による応援も見ていて飽きませんでした。サッカー好きはぜひ1度は試合を見に行ってください!

ゼニトがゴールを決めたら「ゼニゼニゼニゼニ!」とアナウンスが入る

ロボット展覧会

感情を動いて示す猫耳ロボット

ITが有名なロシア、ということでロボットもすごいであろうと思って見に行きました。正直に言うと、少し残念な展覧会でした、、、展覧会自体は多くの子供達で賑わってました。

最後に、、、

他の月に比べてお出かけが少なくなってきました笑

大体、授業が終わると寮へ帰り宿題等をやってご飯作って寝る、という生活をしていた気がします。

ただ、それだけだと確実に病みます。最近感じたことは、部屋に籠もって病むより、誰かを誘って出かけたほうが健全だということです。

ロシアの冬をなめてはいけません。これから留学を控えている学生は、覚悟してください!笑

それでは!👋

ロシア留学記 10月 その2・スーパー編・短期留学のお知らせ

皆さんこんにちは!先週は忙しくてブログ更新できませんでした、、、申し訳ございません。

最近、お試しでホームステイを始めた松浦です!

前の記事に引き続き、10月に行った場所、そしてスーパーについてまとめていきます!

 

お出かけ〜 часть 2

10月後半はペテルブルク郊外へ出向いたり、ライブへ行ったり、パーティーへ参加したり、前半同様充実した日々を送ることができました!

バンクシー展

猿。

 

 

イギリス発の超有名ストリートアーティスト「バンクシー」の展覧会がサンクトペテルブルクで開催されたとのことで、早速行ってきました。

有名な絵画が多く飾られてましたが、全部偽物だそうです。実は、ロシアにも偽物のブランド品やパクリ映画などが溢れてます。こんな大体的にやるくらいです。笑

Little Big Live

ロシア初のレイブ系音楽グループ、Little Bigのライブに行ってきました!ロシア語ではなく英語で歌を歌っているのですが、だいたい馬鹿です。ライブには、エストニアのラッパーTommy Cashや、タタール語でラップを歌うTatarkaなど、スペシャルゲストも駆けつけ、大盛況に終わりました。

気持ち博物館(Музей Эмоции)

血の上の救世主教会の近くにある気持ち博物館。いくつかの部屋に別れていて、それぞれ怒り、恐怖、悲しみ、愛、楽しみなどの感情に分かれています。

特に「気持ち悪い」感情の部屋はカオスで、ウジ虫やタランチュラ、普通のゴキブリ、マダガスカルゴキブリなどが展示されてました。これら虫たちの一部とは触れ合うこともでき、ロシア人は皆、積極的にゴキブリと触れ合ってました!

ヴィボルグ (Выборг)

フィンランドととても近い、サンクトペテルブルク郊外の街の1つ、ヴィボルグへ行ってきました。

みんなで記念撮影!
ヴィボルグの要塞

 

 

要塞を中心に、ペテルブルクより、さらにヨーロッパらしい建造物や、彫刻、美術館、自然公園など様々な観光地があります。残念ながら、要塞は現在修繕中で見れない部分が多かったです。

また、ペテルブルクより北にあるせいか、とても寒かったのを覚えています。

クレンデレ。紙袋も可愛かった

 

 

 

ヴィボルグに来たらぜひ、クレンデレという菓子パンを食べて見てください!質素な味ですが、量がとても多く、食べごたえがあります。お土産にどうぞ!

ハロウィンパーティー

ロシアでは残念ながら、日本のように仮装をしてハロウィンを祝う習慣はありません。しかし、最近はクラブなどに行って、飲んだり、そのまま、、、なんてことが多いそうです。私は、クラブではなく、日本語を勉強しているロシア人と共に映画を見れるレンタルスペース、ムービーハウス( Кино хауз )でホラー映画を見ました。宅配ピザを頼んでみんなで食べたり、後半はカラオケをしたりと、とても楽しかったです!

映画の内容全然覚えとらん、楽しかったのは覚えてる!

 

スーパー

価がとにかく安いロシア。それを特に感じられるのがスーパーです。食材の値段、売り方、買い方などについてまとめていきます!

スーパー自体について

入り口近くに家具が売っている!!!

ロシアのスーパーは本当にスーパーです。大きいスーパーには、食品、日用品以外に洋服、おもちゃ、スポーツ用品、電化製品、家具まで本当に全て揃ってます。(なぜか唯一揃ってないのが、裁縫セット、、、)

スーパーマーケット自体は、ロシア語でсупермаркет(スーペルマルケット)というのですが、このような大型スーパーは別にгипермаркет(ギーペルマルケット)と言われています。

ギーペルマルケットの特徴は品揃えの多さだけでなく、割引にもあります。だいたいどのスーパーにも会員カードがあるのですが、大型スーパーはそれの恩恵がデカイです。ロシアに留学した際には、ぜひ会員カードを作りましょう!

ちなみに代表的なギーペルマルケットはЛента(リエンタ)、Ашан(アシャーン)、Prisma(プリズマ)等です。ペテ大の寮に住む方は、特にリエンタにお世話になる機会が多いと思います!

普通のスーパーには、Пятёрочка(ピッチョーラチュカ)、Дикси(ディクシー)、Перекресток(ピリクリョーストク)、семьЯ(シミヤー)などがあります。ピッチョーラチュカはどこでも見かけます。ピリクリョーストクは、ペテ大寮に入るとかなりお世話になるスーパーです!

売り方

野菜の量り売り会場

 

野菜、肉、魚は基本的に全て量り売りです。他には、お惣菜、小さなチョコなども量り売りされてます。

日本も重さで野菜等は売られてますが、すでに量が決められてますね。それとは違い、自分で欲しい分だけ袋に詰め、重さを量り、バーコードが書かれたシールを貼り付けて購入します。

肉売会場

 

野菜を買うのは簡単なのですが、問題は肉と魚です。特設カウンターに肉、魚がズラッーっと並んでいて、そこにいるおばちゃんに何がどれだけ欲しいか伝えなければいけません。

私は今でも肉を買う時は、指さして、重さだけ伝えてます笑

売られている肉は、日本と同じ様に豚、牛、鶏です。しかし、たまに仔牛やヤギ、うさぎなどの肉も見ることができます。

 

一面アルコールだらけ

 

 

アルコールの種類が多いのもロシアならではなのかなと思います笑 ロシアでは18歳から飲酒が可能です。しかし、日本では20歳からですし、健康の事も考えて、アルコールを買うのは20超えてからにしましょう!笑

普通のスーパーでは、アルコール購入時、レジでIDチェックが必ずあります。黙ってパスポートを見せましょう。

 

値段

野菜は、ものにもよりますが、1つだけだと10円になるかならないかくらいです。私は基本、1週間に1度リエンタに行っていたのですが、だいたい玉ねぎ3個で20〜30円、人参一本で15円とかです(あまり覚えてないのでここに書いてある値段は少し適当です。でも、そんな気にならないほど安いってことです、、、)

牛肉約500gで600円ほど

 

お肉は豚肉でも牛肉でも500gで大体、500〜600円程度です。

加工品になると少し高くなりますが、ソーセージは1本だいたい100円しないくらいだったと思います。でも、めちゃくちゃ美味しいです笑

顔と同じくらいの大きさ

 

僕がよく行くリエンタには鶏肉の量り売りがありません。なのでいつもタッパーに詰まったものを買っているのですが、これも500gだいたい600円しないくらいだと思います。

牛乳。これで200円はしない。机が汚いことから寮が嫌いな理由を察して、、

 

 

 

乳製品も安いです。だいたい牛乳2Lほどで200円しないくらいです。チーズ、サワークリーム(スメタナ)、ケフィア(酸味のある牛乳みたいなもの)なども安いです。(詳しい値段はあまり買わないのであまり分かりません、、、)

卵は4個入りパックが100~200円くらいだと思います。ただ基本新鮮ではないので、絶対に火を通してから食べてください!

ジュース、お菓子、アルコールとかは自分はあまり買わないのでいくらなのか詳しく分かりませんが、日本よりかは遥かにお求めやすい価格です。

これだけ買って約2000円。1週間分の食材です!

日本人向け

ジャポニカ米

やはり日本人に無くてはならないのがお米だと思います。どこでもお米自体は変えるのですが、なかなkジャポニカ米は見つかりません。そんな留学生にオススメなのが、リエンタに置いてある「Рис Японский(リース イッポンスキー)」です。まんま、「日本の米」というこの商品、800gで160円ほどです。このやすさでこのお米。買うしかありません。

他にも、大抵のスーパーには「しょうゆ」、「(怪しい)感想そば」、「(韓国)のり」など日本人にはゆかりのあるものは意外と売っています。ぜひ、これらを使ってロシアを生き延びてください!

 

短期留学プログラム

最後に少し宣伝です。

サンクトペテルブルクにある私立語学塾「東洋アカデミー」が毎年開催している春の短期留学プログラムの情報が公開されました!

時間割のモデル

ココからアカデミーの留学の詳細を確認してみてください!

2月から3月にかけての短期留学です。授業は1日大体2コマで、基本的にロシア語で行われます。

また、生活の形式としてホームステイと学生ホテル、学生賃貸を選べます。どれにしてもロシア語漬け生活となるため、語学習得にはもってこいの環境となると思います。

東洋アカデミーで日本語を学習する学生と交流する機会もたくさんあります。プログラム外の自由な時間でロシア人たちとお散歩したり、観光地巡りをしたりすることが出来るかも知れません。

昨年、僕は普通の勉強のコース、学生賃貸を選択しました。全体で掛かった費用は約37万円(航空機10万、授業料20万、生活費7万程度)です。確かに安くはありません。しかし、この額以上に貴重な経験ができたと思います。ロシア語力はもちろん、思い出、新しい友だち等々、とても価値のあるものを得られました!

ロシア語のレベルは関係ありません。授業のレベルは言えば変えることが出来ます。また、少人数授業になることが多いです。なので、間違えなどをすぐに直してもらえます。生活などのサポートは日本語で受けられるため、日常面でも困ることは少ないと思います!

ぶっちゃけ、初めての留学でかなりしんどかったです。日本食シックになりました。しかし、今、このプログラムを振り返ってみるとめちゃくちゃ楽しかったことしか思い出せません。

ロシア語をもっと勉強したい、ロシア語学習のモチベーションを上げたい、サンクトペテルブルクを観光したい、ロシア人の友だちが欲しい、ロシア料理を食べたい、ロシアへの長期留学の準備をしたい、なんて人にこの留学をお勧めします!

超楽しかった!

興味ある方、質問等ある方は、日露のメールを通して松浦に聞いてください。答えられる範囲で答えます。また、短期留学中の主に自由時間の様子をこちらのブログにまとめています。参考にしてみてください🥒

ぜひ、アカデミー春の短期留学への参加をしてください!

よろしくおねがいします!

 

 

ロシア留学記 10月 その1

皆さんこんにちは!

中国人に、中国人と間違えられました。松浦です。

10月は、ビザの更新のため、基本的にパスポートが手元にありません。そのため、サンクトペテルブルク内や、周辺の街々を回って過ごしました。

 

ビザ更新

ロシア留学の際、ネックになるのがビザ更新だと思います。

以前の記事で、日本国内での留学ビザ申請について紹介しました。実は、日本国内では90日間のシングル留学ビザしか申請することができません。シングルとは、1度の入国のみ許可、ということです。つまり、1度ロシアを離れてしまうと、もう一度入国するために再びビザの申請をしなければなりません。

そのため、ロシアに来てから、ビザの切れる1ヶ月前までにビザの更新をしなければなりません。

このブログではまず、そのビザの更新について簡単に説明したいと思います。

必要書類

  • パスポート(原本、コピー2部)
  • ビザ(原本、コピー1部)
  • ミグレーションカード ー миграционная карта(原本、コピー2部)
  • レジストレーションカード ー регистрация(原本、コピー1部)
  • ビザ更新手数料の領収書 ー Квитанция(1部)
  • 3x4証明写真(1部)

これらの書類を揃える必要があります。

ミグレーションカード。ペラペラ中身だけど、かなり大事

 

コピーは、コピーセンター(копи центр)で用意することが出来ます。数円でコピーできます。とにかく安いです!

領収書。レジストレーションの場所等の情報が書いてある

 

 

ビザ更新料として、1600ルーブル、日本円で2720円(11月14日現在)ほどかかります。ズベルバンクの支払い窓口で支払います。その時、領収書をもらうのですが、それの住所欄は「レジストレーションをしている場所(ペテルブルクで住んでいる場所)」にしてください!

 

 

僕は、この住所を間違えてしまったため、2回ビザ更新料を支払いました。(間違えても修正できるそうです、、、)

これらをまとめて、大学に提出します。だいたい1ヶ月程でビザの更新が完了します!

 

お出かけ〜

10月はペテルブルク内を観光してきました!黄金の秋 (Золотая осень)ということで、紅葉を見に行ったりしました。

青少年劇場

青少年劇場

 

芸術の街と言われるペテルブルクでようやく劇場へ行ってきました!

短期留学をした時に仲良くなった、ナースチャとミュージカルを見に行きました。

「カンタビルの幽霊」という演目を見ました。

何を言っているのかあまり分かりませんでしたが、音楽はとても見ごたえがありました!

エカテリーナ公園

紅葉!

プーシュキンへもまた行って参りました!紅葉で有名なエカテリーナ宮殿です。この時期、ここを訪れるのはマストです!

映画館

ジョンルンとのツーショ

 

スパイダーマンの大人気ヴィラン「ヴェノム」が主人公の映画”VENOM”を、台湾人の友人と見に行きました!

ロシア人は終始笑ってました。

最後の方に”какашка”と言っているのを唯一聞き取れた程度ですw(意味は各々で調べてください🙇‍♂️)

 

IKEA

IKEAAAAA

 

スウェーデンの家具屋さん、イケアにも行って参りました。

寮のランプは電球で、なおかつオレンジ色の光であるため、白いLEDライトのランプと、その他諸々を探しに行きました!

もちろん、ミートボールも

 

 

 

パルナス(парнас)という青線の一番北端の駅からバスで10分ほどのモール内にイケアはあります。

他にも、安いことで有名なロシアのスーパー、アシャーン(Ашан)や、ユニクロといったアパレルのお店等も入っています。留学中に一度は訪れたい場所です!

KOREAN FESTIVFAL

ステージでは伝統音楽や、K-pop、抽選などが!

 

日本でBTSの人気が下がったとしても、彼らの収入が減ることはなさそうだなと感じました、「朝鮮フェス」です!

地図の中には、北朝鮮も含まれていますが、特に北朝鮮要素は感じられませんでした笑

無料で朝鮮料理を楽しめたり、Lotteのお菓子や飲み物の購入、朝鮮の餃子など、韓国の現代的な文化を楽しめるフェスティバルでした。

キムチ!

 

 

フェスティバルに行った目的は、やはり料理です。本場のキムチは少し酸味が強かったです、、、笑

他にも、高麗人参キャンディーなど、面白いものなども食べられました!

意外と楽しかったです。

 

 

最後に

10月は、国内、海外含めて旅行できないから、あまりお金を使わないだろうと思ってましたが、そんなことはありませんでした、、、

流石、ロシア第二の都市です。様々な観光地があり、毎週何かしらのイベントが開催されています。

物価が安いからと調子に乗らず、計画的に生活をしていってください!笑

次のブログでは、お出かけの続き、そしてスーパーについてまとめたいと思います。

それでは、さよなら〜👋

ロシア留学記 ペテルゴフ編・ロシアフェス開催のお知らせ

皆さんこんにちは!

ビザの更新早く終わって、、、松浦です!

ペテルブルクで1番人気な観光地の1つ、「ペテルゴフ」でフェスティバルがあったため、行って参りました。今回のブログではそれについて紹介していきます!

 

ペテルゴフ

ペテルブルク郊外にある宮殿の1つがペテルゴフです。

帝政ロシア時代、ピョートル大帝によって建てられました。

綺麗な噴水で有名な場所です。観光するならぜひ、噴水が動いている夏場をお勧めします!

夜のペテルゴフの大宮殿

私が以前ペテルブルクへ短期留学していた際は、ペテルゴフの近くに住んでいましたが、一回も行きませんでした、、、笑

ちなみに、この近くにサンクトペテルブルク国立大学の理系の校舎と、主にそこへ通う生徒が住む寮があります。中心にキャンパスがある生徒がそこの寮へ送られることを流刑と言うそうで、世紀末な生活を楽しめるそうです。

 

フェスティバル

ペテルゴフでは、毎年秋口に、特別に夜にフェスティバルがあるそうです。そして今年のそのフェスティバルへ行ってきました。チケットは1000ルーブル、日本円で約1700円(11月9日現在)です。やや高め?

フェスティバル会場

宮殿の前にモニター、そして噴水前には小さなステージがありました。今年のフェスティバルは劇場がテーマだそうです。

花火、プロジェクションマッピング、映像とともにフェスティバルは始まりました!

プロジェクションマッピング

バレエ、オペラ、ミュージカルなど、劇場にちなんだプロジェクションマッピングや、ステージが披露されました。

ステージでは、毎回謎の大きいきぐるみが暴れまわってました笑

ステージから遠くても、モニターで見ることが出来る

 

歴史のある場所で、プロジェクションマッピングや現代的なステージを見ることが出来てとても満足でした。

映像のレベルはかなり高く、さすが芸術の首都サンクトペテルブルクだなと感じました。

他のプロジェクションマッピング等のイベントがあったら行ってみたいです。

 

 

 

まとめ

来年、留学に行く人はぜひ、ペテルゴフで開催されるフェスティバルへ足を運んで見てください!

きっと、今年よりパワーアップしたショーを見ることが出来ると思います。

ちなみに、ペテルブルクではしょっちゅうフェスティバルが開催されています。FacebookのイベントやVK(ロシア版FB)を利用したり、友人同士で情報を共有して、ぜひ楽しんでください!

 

【告知】ロシアフェス開催、支援のお知らせ【お願い】

11月24日、25日の休日に代々木公園で開催されるイベント「ファッションアートイベント BE Vint-Age 2018」の1つのイベントとして、ロシアフェスティバルの開催が決定しました!!!

日露学生交流会も、ロシアメイドカフェ「ItaCafe」さんと協力して、運営をお手伝いします!キャビヤやロシア料理の試食、ウォッカの飲み比べなどができる屋台を開く予定です。

ロシアフェスティバル

近くて遠い国ロシアについて、知ることができる数少ないイベントの1つです。皆さん、ぜひ来てください!!!

また、それに伴い、ロシアフェス出店の支援をお願いしています。

今年のロシアフェスを成功させ、来年以降の開催を目指すためにもご協力お願いします。

支援をしてくださる方は、以下のURLからよろしくおねがいします。

https://polca.jp/projects/hUHmWHhnzn9

皆さんのロシアフェスへの参加を心よりお待ちしています!!!よろしくおねがいします!

ロシア留学記 リャザン旅行

皆さんこんにちは!

ハッピーハロウィン!(2日遅い)、松浦です。

9月の間に、ロシアの寝台列車でリャザンへ行ってきました。今回のブログではその様子を伝えていきたいと思います!

 

寝台列車 プラツカルト

今回の旅行は、寝台列車を利用しました。

行きは、プラツカルト (плацкарт)で行きました。要は三等車です。

最初は机と椅子の状態

 

ベットは基本2段です。最初は机と椅子の形になっているので、それを自分でベットへとします。

シーツなどもらったら、自分でベットをひいて寝る準備をします。

プラツカルトの特徴は、周りと壁が無いことです。そのため、運が良ければ着替えをしているロシア美女を見たりすることが出来るかも知れないです。

しかし料金が安いため、あまりお金のないロシア人なども利用します。そのため、スられるんじゃないか、という不安は常にあります笑 バックはずっと持って行動しましょう!

コンセントも配備されてる

 

 

 

サービスは意外とそんなに悪くないです。

まず、コンセントが配備されてます。長距離の移動でもスマホをほど使い続けることができます。ただ、ほとんど電波は入れません笑

他に、お湯は無料でもらうことができます。マグカップとティーパックを持っていくと便利です。

トイレももちろんあります。綺麗かどうかはご想像におまかせします!

ベットにした状態

ベットにすると、上の写真の様になります。下だと、意外と天井が広く感じられますが、上のベットだとかなり窮屈です。ちなみに、自分はギリギリ収まらないです(身長170ないくらい)。そのため、靴下とこんにちはすることが多いかもです。

寝れないことはないですが、疲れてるなかで乗るのは嫌ですね。参考程度に!

 

リャザン

15時間程度、電車に揺られてようやくリャザンへ着きました。

リャザン第二駅

ちなみに、リャザンには駅が2つあります。間違えないようにご注意を!

勝利の広場。プーチンににてる人がいる。やはりプーチンは不死身、、、?

 

 

昨年の訪露で知り合った友人と駅で会い、少し散歩してから友人の家へ行きました。懐かしい!

今回、リャザンに来た目的は友達の誕生日を祝うためです。人里離れたコテージで誕生日パーティーをするそうで、着いてすぐに車に乗って出発しました!

誕生日パーティー @コテージ

コテージ

 

 

車で1〜2時間ほど行くと、コテージが見えてきました。

近くに湖があり、自然豊かな場所でした。電波はもちろん通りません。

 

 

 

湖が綺麗

他の友人たちも次々に到着して、みんなで湖で遊ぶことにしました。パンツ一丁で泳いだのですが、水から上がる時、脱げそうでやばかったです。

サラダ等々

日が暮れる前に、シャシリクを焼きました。他には、友人のご両親が作ってくれたサラダなどを食べながら夜を過ごしました。

夜は、テレビを見たり、ゲームをしたり、お話をしたりして楽しみました!

もちろんケーキも

 

2日目

忘れられない

 

 

朝は、コテージの片付けをしたり、集合写真を撮ったりしました!

その後、朝の10時頃にまたリャザンの街へと向かいました。

2日目は、電車の時間がくるまでリャザンの街を散歩しました!

 

友達のお父さんのボルシチ

友人のお父さんが作ってくれたボルシチです。家庭の味ですね。美味しかったです!

中心地の方

綺麗なとおりです。去年、ここでレモネードを飲んだのですが、とても美味しかったです!

穴場

リャザンの穴場です。モスクワから来ていたロシア人がパスポートを持って来なかったため、いろいろとトラブってました、、、その途中になぜか来た場所です笑

夜のクレムリン

リャザンの最大の名所は、クレムリンです。クレムリンって、モスクワだけにあると思われがちですが、いろんなところにあります。

クレムリンにある、教会の鐘

夜のクレムリンは、それはそれで良いですね。しかし、昼に行くことをお勧めします!

 

寝台列車 クーペ

一通り散歩した後に、また寝台列車に乗る時間がやってきました。

帰りは、2等車、クーペ(купе)を利用しました。4つのベットで1部屋になったものです。

足を伸ばしたらこうなる

 

今回は、上のベットを利用しました。少し窮屈ですが、それでも体育座りはできます。(一回頭を強打した)

シーツ、ベット全てキレイです。トイレでさえ綺麗です。

雰囲気や、他の乗客の印象も良いです。

ただ、一つだけ欠点がありました、、、それは、小部屋でいびきをかかれたら、かなりしんどいということです。

下のベットを使っていた夫婦のいびきが強烈で中々寝付くことが出来ませんでした、、、(奥さんの方がおっきかった

しかし、プラツカルトと比べると、すごい楽です!

ちなみに帰りは10時間程度でした!

 

 

 

最後に

ペテルブルクの駅

 

何事もなく、旅行が終わってよかったです。

今回の旅行で、寝台列車の様子を知れるだけでなく、ロシア人がどのように誕生日パーティーをするのか、休日の過ごし方などを知ることができました。

今はビザの更新のためパスポートが手元にありませんが、帰ってきたら国内、国外色んな所を回りたいと思います!

それでは、さよなら〜👋

ロシア留学記 9月 その2

みなさんこんにちは!

宿題が意外と多いです。松浦です。

前回のブログに引き続き、9月の生活について紹介していきます!

今回は、ペテルブルクでの遊びや観光など、休日等の過ごし方について書いていきたいと思います!

 

観光

9月は最終週以外授業がなかったため、ほぼ毎日どこかに行ったりして過ごしてました笑

スモーリヌイ教会

 

まず、大学のバディと留学生の友人と「スモーリヌイ(Смольный)」に行きました!

もともと女性の教育の場として作られた場所です。水色のとても綺麗な教会でした。

ちなみに、ここにペテルブルク大学の国際関係学部があります。

 

エカテリーナ宮殿

 

続いて、ペテルブルク郊外の街「プーシュキン」にある、「ツァールスコエ・セロー(цалское село)」へ行きました。

ここには、琥珀の間で有名なエカテリーナ宮殿や、紅葉の時期(золотая осень 黄金の秋)に人気のエカテリーナ公園などがあります。

友人たちと行った時は、エカテリーナ宮殿が休館日でしかも雨に降られるという散々な日になりました、、、笑

サンクトペテルブルク・モスク

 

 

次に、教会がたくさんあるなかで、ひときわ目立つ「サンクトペテルブルク・モスク」を見てきました。

青色を基調としてモスクで、イスラームの幾何学模様がとても美しい建物でした。中も無料で見ることができます!

ちなみに、この日は暇すぎて10キロほど散歩しました笑

散歩途中にも、美しい教会や大きい公園、不思議な建物などを見ることができて楽しかったです。散歩していても景色に飽きないのがペテルブルクの良いところの1つだと思います!

 

夜の跳ね橋

 

 

サンクトペテルブルクの目玉の1つである、「跳ね橋」も見ました!

ライトアップされていてとても綺麗です。さらに奥には、エルミタージュの宮殿も見えて大満足な景色です。

ちなみに寮はこの橋を渡った先の島にあります。夜遊びする時は、橋の下る時間を見計らって帰りましょう笑

ストリートアート美術館

 

美術の街サンクトペテルブルクですが、クラシックな美術館だけでなく、現代のものもあります。これは、そのうちの1つ「ストリートアート美術館」です。

中心からは若干離れていますが、一見の価値アリです。そもそもストリートアートを美術館に展示したら、それはストリートアートではないのでは、というツッコミはいらないです笑

 

ガッチナ宮殿

 

最後は、中心からエレクトリーチュカで1時間程の郊外にある「ガッチナ」という街にある「ガッチナ宮殿(Гатчина)」です。

とにかくデカイです。宮殿の地下はRPGゲームの様で男には大興奮な内容でした。また、銃を大量に飾った廊下や、貴族の暮らしの様子が見られました。塔の頂上から眺める町並みも最高です。

 

 

ちなみに、私がペテルブルクに来るのは2回目ですので、代表的な観光地にはあまり行きませんでした、、、1回目の留学で行った観光地等についてはこちらの別のブログに書いてあるので、ぜひ確認してみてください(途中で更新が終わっていますが、、、)

 

他の時間の過ごし方

観光地を行く以外にも様々な場所へ遊びに行きました。

まずは、遊園地「ディーボオーストロフ(Dиво Остров)」です。

ジェットコースター

 

ペテルブルクにある大きな遊園地で、3つの巨大コースター、逆バンジー、数回壊れたことがあるアトラクションなど、エクストリームな遊園地です。

基本、人はあまりいません。4000円ほど用意していけば、すべての絶叫マシンくらいは楽しめます。

下の動画が私のお気に入りの「ブステル(бустер)」というアトラクションです。

 

意外と何度も行っているのがカラオケです。日本よりもカラオケに行っている気がします笑

ロシアのカラオケは日本のものとは違い、基本的に個室ではありません。大きいホールで皆の前で歌うことになります。


 

雰囲気としては、バーに近いですね。長期間、ペテルブルクに滞在する方は、一度くらい訪れてみても良いかも知れませんね!

 

最後に、、、

観光地が多いサンクトペテルブルクですが、日本と比べると、遊ぶ場所が少ない気がします、、、それが理由なのか、学生が夜遅くにバーやクラブに行きがちな気がします。

ちなみに、ロシア人は暇な時は散歩をするそうです。上でも書いたように、適当に街をぶらついているだけでも新しい発見があり、とても楽しいし、飽きません。夜遊びがあまり好きではないという方は、ぜひ散歩をして、街を眺めてみてください!

それでは、さよなら〜👋

ロシア留学記 9月 その1

みなさん、お久しぶりです!

というか2週間ほどブログ更新できなくてごめんなさい、、、松浦、生きてます!

前前回のブログで寮について散々文句を言いましたが、最近は落ち着いてます笑 これから留学を考えている方、予定のある方、怖がらないでください!笑

今回からは、9月の生活についていくつかまとめていきます!(次回からは、1週間に1回以上更新できるようがんばります、、、

 

大学

9月はほとんど授業がありませんでした、、、諸々の説明会やレジストレーション、留学生のためのオリエンテーションイベント以外はほとんど利用しませんでした。

昨年まで留学生の担当をしていた方が、今年から大学に居ないそうで、授業の準備等が遅れたそうです。その結果、9月の最終週から授業が始まっていきました、、、笑 授業や大学の施設等に関しては後日説明していく予定です!

世界で一番長い大学の廊下だそうです。главное здание(メインの建物)の中にあります。

 

食生活

私は自炊中心の生活をしています。なぜなら、食品がものすごい安いからです。Лента(リエンタ)というコストコのようなスーパーがあるのですが、そこでは、2000円程で1週間分の食料を買うことができます。

手作りボルシチ。
手作りブリヌイ(クレープのようなパンケーキ)

 

 

ロシアに来たからには、やはりロシア料理は作りました!関東関西合同合宿新歓イベント春合宿などでロシア料理を何度も作った甲斐がありました。笑

ロシアと言ったらのボルシチや、ブリヌイというロシアの伝統的なパンケーキなんかも作りました。ブリヌイは専用の粉に牛乳を入れて約だけなので楽です。

 

 

 

また、醤油、みりん、柚子胡椒を持ってきていたので、和風テイストなものも作れました!

牛丼。バラ肉を見つけられなかったため、でかいやつを切った。

ロシアは物価が安いため、もちろん外食してもそんなにかかりません(500〜1000円が相場)。

スタローバヤでロシア料理を食べたり、ペテルブルクのおやつプイシュキ(пышки)を食べたりしました!

スタローバヤ。これで350円程だと思う。
プイシュキ。かなり安い。コーヒーはまずい

 

日本人にはあまり知られて無いですが、日本好きのロシア人は多いです。そのせいもあってか和食屋さんも多いです(日本料理屋が世界で一番多い国がロシアらしい)。ほとんどが、本場のものとは味が違いますが、中には本格的なものも存在します。ペテルブルクだとラーメン屋「ヤルメン(Ярумэн)」が有名です。

ヤルメンのらーめん。日本のものに味がかなり近い

このように、食生活はかなり充実してました!他にも、本格的な、たい焼き屋、たこ焼き屋、居酒屋などもあります。ぜひ、ペテルブルクに来た際はこれらのお店も楽しんでみてください!

 

最後に、、、

今回のブログはここらへんで、終わらせていただきます。最初にも書いたように1週間に1回以上記事を更新できるようがんばります、、、

次回は、9月に行った遊びや、9月に行った観光地についてまとめていく予定です。最後までありがとうございました!

それでは〜👋

 

ロシア留学記 寮編

みなさんこんにちは!

やっと授業が始まりました。松浦です。

サンクトペテルブルク大学へ留学する人の多くが寮で生活することになると思います。そして、基本的にはカピタンスカヤ通りにある第19寮(общедитие номер 19)に入ることになります。今回は、その寮について紹介していきたいと思います!

 

入寮手続き

寮に着くとすぐに入寮手続きとなります。寮母さんに、パスポート、顔写真、肺のX線等の書類を出し、渡される書類にサインをすると完了です。その後、小さな紙のカードを渡されます。学生証を受け取るまでは、それを見せて寮に入ることになるため、なくさないように気をつけてください!

部屋は来た順です。日本人と同じ部屋になりたかったら、同じタイミングで入寮手続きをすると良いでしょう。(同じ飛行機で来るのが一番良い)

入寮手続きが終わると次に、ベットシーツ、枕カバー、布団カバー、薄い布団、毛布、バスタオルの受け取りがあります。ちなみに、毎週木曜日にシーツ、カバー、タオルは交換が可能です。しかし、1つでも欠けていると怒られます、、、(もしくは交換不可?)

僕は、バスタオルを一度も使わず、自分の勉強机の上に置いといたら、ルームメイトに勝手に持ってかれ失くしました。そのせいでおばちゃんに怒られました。(その後、バスマットとして使われているのを発見)

 

クバルチーラ(квартира)

部屋は、6人でシェアの大部屋、4人でシェアの小部屋の2種類があります。それぞれ、2人で共有の自室、全員共有のキッチン、バスルーム、トイレがあります。

キッチン
風呂場
トイレ
部屋の様子
タンス。友人の部屋は3人で住んでいるのにタンスが2個しかなかった

 

 

私の部屋は、3人まで使うことができる大きい部屋です。(9/25現在2人住みです。)運良くリフォーム済の部屋だったので、綺麗でした。しかし、家具は基本古いです、、、

ちなみに、鍵も2人で共有で、2人が外出中は寮母に預けます。

生活

僕のルームメイトはオランダ人(同室)、ドイツ人、スウェーデン人、チェコ人、フランス人です。EU組は基本、英語を話すので普段の生活から勉強になります。ぶっちゃけると、しんどいです。

また、寮ではパーティーが開かれがちなので、楽しい毎日を過ごせると思います。ぶっちゃけると、うるさいです。(一応、寮内での飲酒は禁止)

同じ部屋には、男子のみが住んでいます。みんな汚れなどを気にしなく、掃除をしなくても怒られないため楽です。ぶっちゃけると、皿洗いとかしないし、掃除もあまりしないため、ためむかつきます。(現在は解消中、、、?)

とにかく、ストレスフルな生活を堪能できる、とても良い環境だと思います。特に私がイライラしたのは、私が買った炊飯器を勝手に使ったのに、お釜を洗わなかったことです。

とにかく、寮生活は合う合わないがあると思います。ある程度割り切って生活したほうが良いでしょう。

 

勉強

寮の部屋にはwi-fiがありません。自習室(別名wi-fi room)へ行きましょう。

自習室のくせに、机は3つしか無い。

そこは、基本的に静かなため、私のお気に入りの場所です。しかし、おばちゃんに寄っては、開閉時間が変わるため、少し不便です。

部屋にwi-fiを導入することも可能ですが、少し面倒くさいです。私の部屋にはwi-fiがあるのですが、私はパスワードを知らないし、お金を払いたくないため、使ってません。

部屋には勉強机はもちろんあります。しかし、ルームメイトが寝ていたりすると少し使いづらいです、、、だからと言って、キッチンで勉強しようとすると、ベタベタな机しかないです(基本、ルームメイトは拭かないため)。昼間に勉強するのがベストだと思います。

 

最後に

結論から言うと僕は、この寮が嫌いです。引っ越したいです。しかし、一つだけここにとどまりたいという理由があります。それは、安さです。

1ヶ間で約9000円程(9/25日現在)です。一日、約300円です。僕自身は旅行等にお金を使いたいと考えています。そのため、ある程度割り切って、

 寮 = 睡眠、料理、シャワーの場所

と考えています。

ある程度割り切って寮に住むか、高いお金を払って1人暮らしをするか。良く考えてから、留学中どこに住むか決めるべきだと思います!

それでは、さよなら〜👋

ロシア留学記 渡航編

みなさんこんにちは!

他のブログを読んでくださってる方は知っているかも知れませんが、既に留学は始まってます。今回は、ロシアのサンクトペテルブルクまでどの様に行ったのかを紹介します!(ロシアとあまり関係ブログになると思います、、、ごめんなさい🙏

もし、サンクトペテルブルクに行く用事ができた際は参考にしてみてください笑

 

成田空港

8月25日、夜の22:30発ということで、約3時間前に成田空港へ到着しました。お見送りに父と妹が来てくれました!笑

写真、見るんじゃなかった、、、

チェックイン前に、最後の晩餐としてカツ煮御膳を食べました。

ちなみに、今回はトルコのターキッシュエアラインで、イスタンブール経由で目的地まで向かいました。そして、なぜか出発予定より、30分早く出発しました。笑

 

日本 ー イスタンブール

ちなみに今回ターキッシュエアラインを選んだ理由は、機内が快適だからです。以前、サンクトペテルブルクへ向かったときはロシアの航空会社「アエロフロート」を使ったのですが、前のスクリーンが古かったり、席が窮屈に感じたりしたため、ターキッシュエアラインに決めました。(後はアエロフロートの航空券が既に高かったからというのもある、、、

アベンジャーズ面白かった

 

 

 

席に着き、前のスクリーンを見ると、新しく使いやすかったです!

適当に音楽や映画を探していると、面白いものを見つけました。それが下の画像です。

地域ごとのプレイリスト

それは、地域ごとの音楽プレイリストです。ヨーロッパのプレイリストのイラストに注目してみると、まず、ロシアがヨーロッパに含まれてません。笑 トルコからしたらロシアはアジアということなのでしょうか?

そして、今度は逆にトルコがヨーロッパに含まれています。国によって、自国や他国の属する州が変わっていて興味深く感じました。

最後に、ウクライナに注目すると、クリミア半島があります。ロシアによるクリミア併合をトルコは認めていない、ということがわかって面白いですね笑

話が変わりますが、トルコと言ったらトルコ料理。世界三大料理の1つとして(残りはフランスと中国)、有名ですもんね。そのせいもあってか機内食はとても美味しかったです!

最初の機内食。うまい
二回目の機内食。ちょい微妙

 

 

イスタンブール

約12時間のフライトを終え、朝の3時ごろイスタンブールへ到着しました。次の便は11:00頃発。

あああああああああ

楽しい約8時間のトランジットでした!

イスタンブールのアタテュルク空港という場所に到着したのですが、雰囲気はこんな感じです。

空港内
フードコート

空港内にwi-fiはあるのですが、SMSで認証するもののため、使用は出来ません、、、しかし、トルコアイスを買ったり、カフェに入ったりすればfree wi-fiを使う事ができます!

もちろん、ここでもトルコ料理を食べました。

名前はわからないけど、マジで美味い

 

イスタンブール ー サンクトペテルブルク

奥に少しモスク見える

 

日が登ってきて、ようやく登場時間となりました、、、

イスタンブールからサンクトペテルブルクまでは、小さな飛行機でした。乗客はほとんどトルコ人とロシア人。日本人は全くいませんでした。(実は1人だけいたのを着いてから知った)

前に食べたのと同じ機内食が出たこと、トイレの扉が椅子に当たることが不満点でした、、、

こっちの方が美味しかった。

3時間ほどのフライトの後、サンクトペテルブルクへようやく到着しました。着陸時は、ちゃんとロシア人による拍手付きです。笑

とりあえず、無事ついてよかったです。(このときは、授業が全く始まらなかったり、寮が微妙だったり、などは知るよしもなかった、、、

トランジットも含めて、大体24時間のフライトでした、、、初日は、なにも食べずに寝ました。笑

最後に

私はイスタンブール経由でペテルブルクへ向かいましたが、他には、フィンランド経由、モスクワ経由、中国経由、アブダビ経由などもあります。トランジットしなければならないのは少し面倒くさいですね、、、

ロシア入国の際にはビザが必要です。そのため、モスクワなどロシア国内でトランジットをする際は、入国日に気をつけてください!(それでトラブったことがあるので、、、

サンクトペテルブルクへ行く際は、自分に合った方法を選んで、快適なフライトを楽しんでください!

それでは、さよなら〜

 

 

 

 

 

 

 

 

ロシア留学記 ビザ申請編

ロシア留学記 ビザ申請編

皆さんこんにちは!
広報幹事の松浦です。

実は私は、今年の秋から1年間ロシアのサンクトペテルブルクに留学予定です。
そのため、日露のブログで留学中に体験したことを伝えていこうと考えています。

今回は、それの準備の話、ビザの申請について話していこうと思います。

 

ビザ申請の手順

ロシアへ入国するためには、旅行が目的でもビザが必要です。(ウラジオストクは例外)
そのビザの申請の手順は以下の通りです。

・(非エイズ診断書を用意する)

・招聘状をもらう

・インターネットでビザの書類を作成する

・ロシア領事部に書類を提出する

・領事部へビザの引き取りに行く

面倒臭いですが、ビザがなければ旅行すらできません。次はそれぞれの工程について、私の留学用ビザ申請の話をしながら説明していきます。

 

非エイズ診断書

「非エイズ診断書の用意」は90日を超えて滞在する留学、就労ビザを申請する場合に必要になります。
もちろん、日本語の証明書では受理されません。英語のものを用意するのが無難だと思います。

私は、日比谷クリニックという病院で検査をしました。この病院は留学や海外滞在等の診断書作成に力を入れているそうです。私が病院に行ったときも、留学を控えてる他の学生や、海外で仕事をする予定であろう人などがいました。

検査はとても簡単で、血を抜かれるだけです。1時間ほどで検査、結果、書類作成まで終わりました。運良く、陰性だったため留学が一歩近づきました笑

気になる検査のお値段は、16000円です。検査が1万円で、英文証明書作成に6千円かかりました。値段はかなり高いですが、ちゃんとした書類であるためぐっと我慢しましょう。

 

招聘状

「招聘状」は一番大切な書類です。これがなければ、ビザ申請ができません。
旅行の場合は、ホテル等から送られてきます。現地の友人に作成してもらうのもアリです。
私の場合は勉強が目的の渡航であるため、大学が発行してくれました。

今回、私がもらった招聘状はこのようなものです。

招聘状

また、過去にはこの様な電子招聘状ももらいました。

電子招聘状

次の工程では、これらの招聘状に書いてある情報を元に作成していきます。

 

ビザ申請書

「ビザ申請書」はインターネットで作成します。
visa.kdmid.ru のサイトから作ります。
パスポートの情報や、招聘状に書いてありことを書かなければなりません。
また、3.5 × 4.5 の顔写真も必要です。

 

ビザ申請

「ビザの申請」は領事部に行って行います。毎回、ものすごい並ぶので早めに申請しに行きましょう!(窓もう一個開ければいいにに、、、

東京の領事部の最寄りは神谷町か六本木。東京タワーが近くにある

領事部は朝の9時半から12時半まで、ビザ申請を受け付けてます。また、番号札をとらなければいけないのですが70番までしか発行されないようです!

私は、7/31に東京の領事部に行きました。前回、並んだことを踏まえて、9時前にそこへ到着しました。しかし、その時店ですでに行列ができていました、、、
9時になると、なぜか扉が開き、番号札を取ると43番。

番号札

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

開門30分前に着いたはずなのですがもうこれです、、、

建物内の様子

運良く、室内ではクーラーが効いてるため、快適でした。しかし、待てど待てど呼ばれません。1時間経った頃に、テレビ画面を見ると20番代の人が呼ばれてました。この時点で、2時間待つことを確信しました。

開門2時間後、11時頃やっと受け付けの方へ行くと、そこにはまだ数人の列がありました。先頭にはうまくビザを申請できなかった人が文句を言ってました。その人にこっちが文句を言いたかったです。しかも前にいた人は、ビザ代行業者の人らしく、5個くらいパスポートを渡していました。早くして欲しかったです。
ついに私の番になり、招聘状、パスポート、非エイズ診断書、ビザ申請書を提出すると、診断書だけ奥に持って行きました。その後、なぜか返されました。よくわからん。
しかし、それ以外の書類には問題がなかったようで、無事申請は終わり、レシートのような紙をもらいました。

受け取り日等が書かれた紙。地味に大切な書類です、、、

 

ビザの受け取り

最後の工程がこの「受け取り」です。

上で紹介した黄色い紙を窓口で提出してパスポートを受け取ります。パスポートのどこかのページにビザが貼り付けられているはずですので、きちんと確認しましょう!

ロシアのビザ

ちなみにパスポートの受け取りは番号札を取って並ぶ必要はありません。12時半までの適当な時間に領事館へ行きましょう。

ビザの受け取りは、基本的には7日〜11日程度です。(無料で申請の場合)しかし、課金をして受け取りを早くすることもできます。急いだ状況での受け取りでは、課金を臨機応変に対応しましょう!

 

まとめ

これらの工程を終えると、晴れてロシアへ入国が可能となります。

ちなみに、これらの工程をこなす自信がない、招聘状を本当に受け取れる自信がない場合には「ビザセンター」というビザ発行代行業者に依頼するのもありです。

確かに面倒臭いですが、ロシアは観光地が多く、物価も安いです。観光でも、留学でもなんでもいいので、皆さんいつかロシアへ行ってみてください!

もしくは、日露の訪露に参加するという方法もあります!ほとんど航空券代のみでロシアに行けるため、おすすめです!