お散歩のすすめ

Здравствуйте!!

 こんにちは!副代表兼広報の宝地戸愛伶です。何を書こうかと迷った結果、お散歩について書いてみることにしました。

 新型ウイルスが私たちの日常を奪い、何もできない日々が続いています。最初は家でできることをしようと張り切って自粛していましたが、最近は飽きてきてダラダラと過ごす時間が増えてしまいました…。

 そこで!お散歩をすることにしました。そういえば以前ロシア人の友達に、ロシア人はお散歩好きだと聞きました。高校生の時にホームステイをした時も、学校帰りにとても長〜いお散歩をしました。もともとお散歩は好きなので、ロシア人との共通点を見つけたようで嬉しかったです。そんなことを思い出しながら準備をして家を出ました。

 とりあえず家の近くの河原や道をぶらぶらと目的地なく歩きます。

 楽しい!!

 いつの間にか外の世界には春が来たようで、気温はちょうどいいし、柔らかな風が心地いい。青々とした木々の葉っぱがキラキラしていて、足元には色とりどりのお花が咲いています。鶯の鳴き声、草の揺れる音、花の匂い。五感全てが刺激されます。

 急かされることのないゆっくりとした時間。

 普段は気がつかない小さなことにも目が行くし、いつもよりもたくさんのことを考えました。沈んでいた気持ちが風に吹かれて飛んでいき、程よい疲労感が、何もすることのない毎日の欲求を満たしてくれるような気がしました。散歩を好むロシア人の気持ちがわかったような気がします笑 もしかしたら、長い長い散歩がロシア独特の文学や音楽を作っているのかもしれない、なんて思います。

 お散歩おすすめです。

 最後に。代表の本橋さんから始まり、幹事で順番にブログを書いていこうと考えています。新歓イベントもなくなり、キャンパスに行く機会もまだなく、新入生のみなさんはサークル選びも大変ですよね。このブログを通して、私たちのことを少しでも知っていただけたら嬉しいです!!

 「お散歩はサークル選びの参考にならないよ!」と思ったあなた!新歓zoomにお話聞きに来てね(*´Д`*)

Пока! さようなら!

ロシアに夢中!!

 初めまして!興味を持っていただきありがとうございます!2020年度日本ロシア学生交流会代表を務めております、本橋絢音と申します!弊団体は毎年様々な交流を通してロシア人、ロシア語圏の方々と接し、互いの文化理解に努めています。“ロシア”と聞いた際、日本ではどこか敬遠されがちな雰囲気が漂っていますが、地理的にはとても近いし、何よりも日本のことを大好きでいてくれるロシア人がとても多いのです!今回私は、弊団体のビッグイベントの一つである、「訪露」に参加した経験を踏まえて、皆さんにロシアの魅力をお伝え出来たらな、と思います!

毎年行われている「訪露」企画とは、弊団体に加入している学生10名前後が、提携を結んでいるロシア側の団体のもとへ実際に訪れるという交流イベントです。「リャザン」、「ノヴォシビルスク」という2つの地域を毎年交互に訪れています。昨年私が参加した際は、「リャザン」に訪れました。現地での生活はホームステイ。リャザンの観光名所だけでなくモスクワにも訪れました。有名な「赤の広場」などをはじめ、モスクワの町並みは、テレビや写真で見るよりも美しく感動しました!

ここからは、写真を通してロシアの魅力をお伝えしたいと思います!

聖ワシリイ大聖堂。当日、赤の広場では世界の軍楽隊による音楽祭の前日リハーサルが行われていたため、その様子を一目見ようと人がたくさんいました。
お土産もお忘れなく!ロシアのお土産と言えばマトリョーシカですが、そんなマトリョーシカの柄が施されたスタバのタンブラー!今も愛用しています。
私達団体を温かく向かい入れてくれた、リャザン大学の日露学生交流会の皆さん。
Спасибо!!!(ありがとう!)
ロシアの地下鉄はホームもとても魅力的ですよね。一つ一つの細かい飾りや彫刻にいちいち感動してました(笑)いつか全駅を回ってみたいものです。
リャザンスキークレムリンに行きました。ちょっと離れた郊外にもこんな素敵な建物がロシアにはたくさんあります。そのような点もロシアの魅力の一つだと私は思います
リャザンではかの有名なレーニンさんとツーショットをとってもらいました。(笑)レーニンさんの像は割とどこにでもあります。
リャザン出身の詩人、セルゲイ・エセ―ニンの記念博物館にも行きました。リャザンの中心地からは離れていますが、観光客がたくさんいました。オカ川が隣に位置しており、自然豊かな場所でした。
長いようで短かったロシア生活も終わり、最終日にはさよならパーティーを開いてくれました。私たちのためにこんな素敵なケーキを用意してくれたなんて、ロシア人の温かさ、おもてなし精神が感じられます!

 いかがだったでしょうか?少しでもロシアに対するイメージが以前よりも良いものになっていただけたら幸いです!このように、弊団体は様々な活動を通してロシア人、ロシア語圏の方たちと日々接しています。弊団体では、ロシア語を大学で学んでいる学生だけでなく、ただ「ロシア」に興味がある!という学生もたくさんいます。そんな私たちと一緒にロシアに夢中になって、ロシアの魅力を発信していきませんか?今このブログを見ていただいている皆さんと一緒に活動できることを楽しみにしています!

До свидания!! (さようなら‼)

ロシア・ユーラシア文化祭 プラーズニク

 2/23,24日にロシア・ユーラシア文化祭 プラーズニクを開催しました!先輩方が約一年半もかけて作り上げてくださった大舞台。私たちも準備段階から関わらせていただきました。

 初めての試みで、先輩方には私には計り知れない困難があったと思います。それでもこのように素晴らしいイベントになったのは、たくさんの方々の努力と支えがあったからです。

 この記事を書いている私は、このイベントを最高に楽しみました!笑  自分が好きな国のことをたくさんの人に伝えられるチャンスだったし、自分の考えや意見を聞いてくれる方々がいて、それが形になることがとても嬉しかったです。 たくさんの人と関わって、お話を聞いて、学ぶことがたくさんありました。自分にとって素晴らしい機会だったと思います。

 ここには書ききれないほど、主催者それぞれにたくさんの想いがあると思います。関わった全ての方々に感謝しています!!  

新春日ロ交流のつどい

2020年1月29日、東京都港区にある在日ロシア大使館にて、「新春日ロ交流のつどい」に参加してきました!

とても貴重な体験をさせていただけたので、ここで少しご紹介します😊

まず会の幕開けを飾ったのは、大使館付属の学校合唱団「ロシアンカ」による素敵な歌と踊りのパフォーマンス!

そして、オリヴィエやピロシキといった、大使館専属シェフによるロシア料理が振る舞われました🤤🤤🤤🤤

またロシア人による生花などが展示されてたりと、見どころ盛り沢山のイベントでした。

会場ではロシア人だけではなく、ロシアに関する仕事を現職となさっている方々とも交流でき、そしてそして駐日ロシア大使であるミハイル・ガルージン氏ともお話しをさせて頂きました(すごいぃ!!😳)。

初めてのことばかりの、私にとって大変良い経験をさせていただけました。そしてもっとロシア語の勉強頑張らねばと思いました!

今回の行事で知り合うことのできたロシア人の方々と、私たち日露学生交流会のイベントでもまた関わることができるよう、今後のイベントを組んで行けたらなあと考えています!!

はじめまして! 新幹事団です!

こんにちは。2020年度新広報幹事です。幹事の引き継ぎが終わりましたので、新幹事の皆さんから一言いただきました!!今年度も日露学生交流会をよろしくお願いします!

幹事長   

2020年度日露学生交流会代表の本橋絢音です。今年は特に『交流』を重視し、今までの活動にプラスしてロシア語圏の留学生との交流を活発化させるよう尽力していきます!気になるイベントがありましたらお気軽にご連絡ください!よろしくお願い致します。

副幹事長

副幹事長兼広報の宝地戸愛伶です。楽しく充実した活動をサポートし、同時にロシアの魅力、サークルの魅力をたくさん発信できるよう頑張ります!

広報

広報の田中めぐです。日露の活動をもっといろんな人に知ってもらえるようにどんどん発信していこうと思います!

企画

企画の遠入身延です。多くの人に参加してもらえるような楽しいイベントを企画して、日本とロシアの文化交流を進めていきたいと考えています。

企画の栁澤瑠名です。ロシア語圏の人々と交流したり、様々な楽しいイベントを企画していきたいと思います!

総務

総務の高井空です。訪露・訪日事業はもちろん、日露学生交流会をきっかけにたくさんの人が交流できるようにサポートしたいと思います!

総務の吉川博人です。メインイベントである訪露・訪日事業が円滑かつ楽しく行えるよう努めます!たくさんの方々の参加をお待ちしております!

財務

財務の土屋紗輝です。お金に関してやり取りの混乱や誰かが損することのないよう、きちんと管理します!

新歓

新歓担当の松田です。無駄を省いて合理化できるように頑張ります。

ウラジオストクで将棋、チェス交流

こんにちは!今回は、将棋やチェスでロシア人と交流を行った兵藤大介さんによるレポートです🥰 素敵な体験をまとめてくださいました!ぜひ読んでみてください!

今回は将棋・チェス交流会という形で、初めてウラジオストクに訪れた。自分は将棋もチェスも初級者レベルでしたので、訪問前は不安が大きかった。
到着後すぐに歓迎レセプションがあり、多少周りの人と打ち解けることができた。


将棋・チェスの前にマトリョーシカの絵付けをした。顔が小さくなってしまい残念だったが、色塗りは上手くいった。


その後チェスを体験した。ロシア人の方がチェスのコツを教えてくれて、駒を有効に使えるように戦術を組み立てていくことが分かった。この時はロシア語での説明で、言葉自体は完璧に理解はできなかったが、何を言っているかは大体分かったので、チェスが共通の言語として機能していることがはっきりと感じられた。自分はトーナメントには出場しなかったが、出場しなかった人同士でチェスを楽しむことができた。
次に日露の文化交流をした。意外にも、日本人がロシア式の書道を教えてもらい、キリル文字を書いた。こちら側は落款の作り方を教えることができた。落款はロシアでは折り紙より人気があるようだった。


そして将棋のトーナメントが始まった。ロシア人はチェスが強いため上達が早く、自分は負けが先行してしまった。それでも将棋を通して交流ができたと感じたし、勝った時は将棋の楽しさがよく分かったのではないかなと思った。
最終日はルースキー島に訪れ、極東連邦大学と沿海地方水族館に行った。極東連邦大学の日本語を学ぶ学生はみんなレベルが高くて驚き、自分もロシア語能力に磨きをかけたいと感じた。沿海地方水族館ではまずイルカたちのショーを、そして館内を見た。館内は途中から博物館的な性格も帯びはじめ、日本の水族館とはかなり違うなと感じた。
生活に関しては、ウラジオストクは思ったよりは寒くはなかった。もちろん日本よりは寒いが、防寒すれば涼しいくらいの感覚で過ごすことができた。むしろ室内は、ホテルの部屋も含めて暖かく、半袖でも過ごせるほどだった。
またロシアの料理は美味しく、また食べたいと思った。相手と腕を組んで飲むというロシア流のウォッカの飲み方も見ることができて面白かった。
ウラジオストクは海沿いや湾沿いのところが横浜と少し似ていて散歩にいい場所だなと感じた。日本と1番近いヨーロッパとも言われることが多いらしいのでまた機会があれば来てみたいと思った。

ロシア人高校生と日本人高校生の鎌倉散策

皆様はじめまして!この度広報幹事に就任しました、上智大学二年の権平 彩矢香(ごんだいら さやか)です!初めてのブログ投稿で緊張しているので文面はお堅い感じしますが、これから自分を出せるように頑張りますのでよろしくお願いします!

先日、3月10日にロシア人高校生と鎌倉から江ノ島まで散策するイベントに参加しました。ロシアからの参加者は26人、日本人の参加者は20人で、8班に分かれて行動しました。日本人参加者には大学生によるグループリーダーとロシア語を学ぶ高校生がいました。一班にロシア人高校生、日本人大学生、日本人高校生という構成で、お互い初対面にして午前11時から午後5時まで町を散策しました。

ロシア側も日本側もお互い「初めまして」だったのて、集合した当初は誰もがとても緊張した表情をしていました。
市内オススメスポットなども事前に知らされていたため、鎌倉に訪れるのが初めての学生にとってもとても歩きやすかったのではないかと思いました。主に、鶴岡八幡宮や小町通り、江ノ島のシーキャンドルなどが紹介され、私たちの班も足を運びました。いざ、班行動をして鎌倉市内を巡ってみると、いく先々で他の班の人員とすれ違います。その時、他班の楽しそうな様子、班員の打ち解けている様子、ロシア人同士の「楽しんでる?」「うん!」と言った会話が聞こえてきて、彼らの無邪気な笑顔に心があったかくなりました。

散策中の主な移動方法は徒歩で、江ノ島までは江ノ島電鉄を利用しました。歩きながらの移動では、意外なものに目が止まり、その都度足を止めながらマイペースに進んだ。鶴岡八幡宮ではリスが現れ触れ合ったり、私たちは何とも感じない鳩の群れに突入したり、、、。気ままな散歩も、様々なところに刺激があり、いく先々で楽しみました。江ノ島電鉄はとても温かみのある面持ちをし、車内も落ち着いた雰囲気でした。散策の終わり頃に乗車したので、移動中は疲れた体を癒し、次の散策場所の江ノ島に向けてパワーをチャージしました。

鎌倉を散策し始めたころは、過ごしやすい気候で、気温もちょうどよかったが、お昼を過ぎたあたりから雲行きが怪しくなり、私たちの班が江ノ島についた頃から雨が降り始めてしまいました。あいにくの天気となってしまったが、私たちは散策を満喫しました。

散策後はバスで移動し、ロシア人高校生の宿泊するホテルへと向かいました。バスが到着したあと、私の班のロシア人高校生は「待ってて!」と言って部屋にもどり、ロシアのお土産をもらいました。彼は家族の手作りの蜂蜜を日本人学生の私たちにプレゼントしてくれました。

小さな異文化交流がなされた素敵な1日でした。頼もしい高校生とも出会えて楽しかったです。

2018年 活動記録 その5

みなさんこんにちは!

ルームメイトが帰ってこない!松浦です。

2018年度の日露では新たな試みとして料理教室を開催しました。6月に、非会員である、ロシア語を学習している高校生を招待して、ロシア料理を作りました!

 

ボルシチ

一品目はボルシチです。合宿で作っているので日露会員は既になれた料理ですね笑 

ボルシチが赤いのは、ビーツ(ロシア語ではсвёкла スビョークラ)という野菜を使っているからです。見た目からカブの仲間と思っている人が多いそうですが、実はほうれん草の仲間です!笑 たまーにお店で見かけたりしますが、あまり日本では見かけない野菜ですね。今回は、ビーツ缶を使用しました。

動画の様に、鮮やかな赤が特徴的です!高校生の皆さんも、とても驚いてました!笑

他の具材も切り、鍋でじっくりと煮てボルシチは完成です。

ボルシチ!

完成したボルシチにスメタナ(сметана サワークリームのこと)をのせて完成です。美味しそうですね!!!

 

ピロシキ

2品目はピロシキを作りました。これも代表的なロシア料理ですね。野菜やお肉、フルーツなどの具材をパンに包み、焼き上げた食べ物です。

この料理会ではお肉を使ったピロシキを作りました。

まずは、生地づくりからはじめました。意外と皆さん、こねるのが上手く順調に生地は出来上がってきました。

生地と同時に具材も作っていきました。ちなみにロシア語で具材はナチンカ(начинка)と言います。ロシアのスタローバヤなどに言って、中に何か入った料理を頼む時はよく聞かれるので覚えた方が良い単語です笑

次に生地を寝かせます。これが結構長くかかってしまいます。自宅でピロシキを作る、という方は計画的に調理してください笑

最後に具を生地で包み、オーブンで焼けば完成です!

ピロシキ!これも美味しかった!

なかなかピロシキを作ろうとなる人は少ないと思います、、、高校生にとっても、日露会員にとっても良い経験になったと思います!

 

ロシアンティー

最後の1品にロシアンティーを作りました。作ると言っても、ティーパックで紅茶を作り、ジャムを入れるだけです。

これは家でも簡単にできると思います。皆さん、是非試してみてください!

ちなみに、過去にロシアで紅茶にハチミツを入れて飲んだのですが、それも美味しかったです!

 

最後に

日本にいるとロシア料理を作るだけでなく、食べる機会もなかなかないと思います。

そんななかの、料理教室は高校生たちにとって貴重な経験になったと思います。この活動を通してロシアにさらに興味を持ってもらえれば幸いです。また、大学生になった時、サークルに入ってもらえたらさらに嬉しいです。笑

またいつか、第二弾も開催したいです!

それでは、さよなら〜!

2018年 活動記録 その4

みなさんこんにちは!

ペテルブルクの気温は既に東京の冬序盤くらいです、、、松浦です。

前回の活動記録の記事では新歓合宿について紹介しました。この記事では、合宿で準備した東京大学五月祭について紹介していきます!

 

シャシリク(шашлык)

五月祭で日露は「シャシリク(шашлык)」、「ウォッカ」を販売しました。

シャシリクは、ロシアについて詳しく知らない人には聞き慣れない食べ物だと思います。まずは、シャシリクとはなにかについて簡単に紹介したいと思います。

シャシリクとは、コーカサス地方の料理です。元々は子羊の肉を串に刺したものを、焼くのではなく、熱によって温めて作る料理です。

ダーチャで串にお肉を刺す。
(2017年の訪露より)

 

現在、シャシリクはロシアでポピュラーな食べ物です。ダーチャ(別荘のような場所)などで作って食べたり、スタローバヤ等のお店で注文して食べたりすることが出来ます。

また、肉も子羊ではなく、豚や牛など様々なものが使われています。家庭による味付けの違いもあるそうです。

ロシアの電化製品屋や大きなスーパーへ行くと、シャシリク専用マシーンなどを見つけることも出来ます笑

五月祭では、羊肉を使ったシャシリクを、塩コショウ、焼肉のタレ、レモンの3種類の味で販売しました。(ただ運営側の厳しい条件のせいで、本来の作り方はできず、鉄板焼きになってしまった、、、)

 

五月祭1日目

合宿で用意した看板。レベル高い

鉄板、クーラーボックス、氷などの準備を済ませて、お客様を受け入れる準備をしました。ただ、場所が少し悪かったのと、午前中でまだご飯がいらない人が多いという理由で、最初は中々人が来ませんでした、、、

看板を持って、お店前で人の呼び込みをしたり、近くを歩いたり、アルコールブレスレット受け取り場の近くでウォッカを勧めたりしました。

会員の呼び込みの甲斐あってか(ある会員の超絶呼び込みパワーで)、どんどん人が集まってきました!途中、シャシリクの準備が間に合わないなんてこともありました。笑

しかし、多くのメンバーの助けのおかげで、肉はどんどん焼き上がり、お客様の数も増え、目標販売数を超える、とても順調な1日目でした!

五月祭2日目

朝、お肉の到着が遅れてしまうというトラブルがありましたが、その後は前日どうよう順調にシャシリクが売れていきました。

長蛇の列が

お昼の一番の売り時には、お店前に長蛇の列が出来ていました。気がついたら人気店の1つになってました。笑

そして、お昼すぎにはシャシリクは売り切れとなりました!!! しかし、売り切れ後も、夕方のアルコールの売り時を忘れず、ウォッカを売り続けました!

値段や、立地、隣にあるカクテルのお店など、心配な要素がたくさんありましたが、大大大盛況でとても嬉しかったです!

 

最後に

大成功の要因は、間違えなく手伝ってくれた会員のおかげだと思います。土日の貴重な時間を割いて、「フクースナ屋」を手伝ってくれて本当にありがとうございました!

また、シャシリクを食べてくださったお客様の皆様もありがとうございます!この文化祭を通して、すこしでもロシアについて知ったり、興味を持ってくれたら嬉しいです!

他にも、ロシア人留学生たちとの交流の場にもなりました。中々、日本でロシアに触れる機会はないと思うので、このような場が増えて言ったら良いなと感じました。

大成功のフクースナ屋
みんなで集合写真!

 

おまけ

残念ながら、五月祭に来られなかった方々のために、日露会員によるシャシリクの感想を載せさせていただきます!

 

2018年度 活動記録 その3

みなさんこんにちは!

500円ほどのスケートボードを買いました、松浦です。

以前に紹介した新歓イベントには、実は続きがあります。それは、新歓合宿です。今までの新入生歓迎会で日露に入りたいと思ってくれた1年生、新歓イベントには参加出来なかったけど、これなら参加できるという新入生などが参加してくれました!

集合〜BBQ

新歓合宿は1泊2日です。初日は新宿にみなで集合し、目的地である山梨県の河口湖を目指しました。

やっと近づいてきた!

 

 

約1〜2時間程貸し切りバスで揺られ、ようやく河口湖駅に到着しました。

その後、別のバスに乗り目的のコテージへと向かいました。コテージへは予定より早く着いてしまったのですが、なんとか入れてもらえました笑

到着後、すぐにお昼ご飯であるBBQの準備をしました! 中々炭に火をつけることが出来ず苦戦しましたが、楽しくお肉を食べることが出来ました!

 

 

ボルシチ作り、五月祭準備

昼食後は、2班に別れて行動をしました。

1班は夜ご飯のボルシチ作りを、2班は、次の日露の活動である東大五月祭の準備をしました。

ボルシチ〜

 

 

まずはボルシチ班です。ビーツを初めて調理するメンバーも多く、包丁やまな板が真っ赤になって驚いてました。

他にも野菜は、キャベツ、人参、じゃがいもを切りました。

次に牛肉を煮込みました。この作業に約1時間ほどかかってしまい、途中皆で大学の話などをしました笑

牛肉の準備が終わったところで、野菜を投入し、仕上げに入りました。ここでも、さらに1時間ほど時間がかかりました。

しかし、そのおかげもあってか、良い時間になっていきました。

ボルシチ作りに合計で3時間ほどかかりましたが、その分美味しい物ができたと思います!

スメタナ(サワークリーム)は既に幹事長が作って来てくれてたので、これで完成です!

 

続いて、五月祭班です。毎年、大学の文化祭に出店をしている日露ですが、今年は東京大学の五月祭に出店することになりました。

コーカサス地方発祥で、ロシアでも広く食べられている「シャシリク」という料理を売ることになりました。また、それと同時にウォッカカクテルの販売も決まっていました。

すごい上手

 

そのため、それらのイラストが入った看板や、宣伝ようの看板などを作成しました!

中には、ロシアのアニメキャラクターである、チェブラーシカや、大統領のプーチン、人気なお土産、マトリョーシカなどのイラストを書いているメンバーもいました。

かなりレベルの高い看板が出来たと思います。これで、当日はたくさんのお客様が来てくれると思います!

晩ごはん

BBQで食べきれなかった焼きそばも使って、晩ごはんが完成しました!

みんなよく動いてくれたので、これでも少なっかったのでは?笑

晩ごはん!美味しかった〜!

夕食後、実は幹事長が誕生日だったため、サプライズでお祝いをしました!(SDカード日本に忘れました。ごめんなさい

誕生日おめでとうございました!笑

 

朝ごはんにパンやスープを食べました。後は昨日の残りのボルシチがありました(ただ、水分が少なくなって煮物のようになっていた笑)

その後、荷物を準備してコテージを後にしました。

参加したみんなで集合写真

帰りのバスでは、みんな疲れのせいかほぼ爆睡でした。本当に皆さんお疲れ様でした!

 

最後に

合宿に参加してくださったメンバー、新入生の皆さん、本当にありがとうございました!

この合宿のおかげで、現メンバーは仲をさらに深め、新入生は先輩方と仲良くなれたと思います。

また、五月祭の準備もとても順調にいきました!当日の準備もお願いします、、、

それでは、みなさんさようなら〜