日露ブログ

お散歩のすすめ

Здравствуйте!!

 こんにちは!副代表兼広報の宝地戸愛伶です。何を書こうかと迷った結果、お散歩について書いてみることにしました。

 新型ウイルスが私たちの日常を奪い、何もできない日々が続いています。最初は家でできることをしようと張り切って自粛していましたが、最近は飽きてきてダラダラと過ごす時間が増えてしまいました…。

 そこで!お散歩をすることにしました。そういえば以前ロシア人の友達に、ロシア人はお散歩好きだと聞きました。高校生の時にホームステイをした時も、学校帰りにとても長〜いお散歩をしました。もともとお散歩は好きなので、ロシア人との共通点を見つけたようで嬉しかったです。そんなことを思い出しながら準備をして家を出ました。

 とりあえず家の近くの河原や道をぶらぶらと目的地なく歩きます。

 楽しい!!

 いつの間にか外の世界には春が来たようで、気温はちょうどいいし、柔らかな風が心地いい。青々とした木々の葉っぱがキラキラしていて、足元には色とりどりのお花が咲いています。鶯の鳴き声、草の揺れる音、花の匂い。五感全てが刺激されます。

 急かされることのないゆっくりとした時間。

 普段は気がつかない小さなことにも目が行くし、いつもよりもたくさんのことを考えました。沈んでいた気持ちが風に吹かれて飛んでいき、程よい疲労感が、何もすることのない毎日の欲求を満たしてくれるような気がしました。散歩を好むロシア人の気持ちがわかったような気がします笑 もしかしたら、長い長い散歩がロシア独特の文学や音楽を作っているのかもしれない、なんて思います。

 お散歩おすすめです。

 最後に。代表の本橋さんから始まり、幹事で順番にブログを書いていこうと考えています。新歓イベントもなくなり、キャンパスに行く機会もまだなく、新入生のみなさんはサークル選びも大変ですよね。このブログを通して、私たちのことを少しでも知っていただけたら嬉しいです!!

 「お散歩はサークル選びの参考にならないよ!」と思ったあなた!新歓zoomにお話聞きに来てね(*´Д`*)

Пока! さようなら!

ロシアに夢中!!

 初めまして!興味を持っていただきありがとうございます!2020年度日本ロシア学生交流会代表を務めております、本橋絢音と申します!弊団体は毎年様々な交流を通してロシア人、ロシア語圏の方々と接し、互いの文化理解に努めています。“ロシア”と聞いた際、日本ではどこか敬遠されがちな雰囲気が漂っていますが、地理的にはとても近いし、何よりも日本のことを大好きでいてくれるロシア人がとても多いのです!今回私は、弊団体のビッグイベントの一つである、「訪露」に参加した経験を踏まえて、皆さんにロシアの魅力をお伝え出来たらな、と思います!

毎年行われている「訪露」企画とは、弊団体に加入している学生10名前後が、提携を結んでいるロシア側の団体のもとへ実際に訪れるという交流イベントです。「リャザン」、「ノヴォシビルスク」という2つの地域を毎年交互に訪れています。昨年私が参加した際は、「リャザン」に訪れました。現地での生活はホームステイ。リャザンの観光名所だけでなくモスクワにも訪れました。有名な「赤の広場」などをはじめ、モスクワの町並みは、テレビや写真で見るよりも美しく感動しました!

ここからは、写真を通してロシアの魅力をお伝えしたいと思います!

聖ワシリイ大聖堂。当日、赤の広場では世界の軍楽隊による音楽祭の前日リハーサルが行われていたため、その様子を一目見ようと人がたくさんいました。
お土産もお忘れなく!ロシアのお土産と言えばマトリョーシカですが、そんなマトリョーシカの柄が施されたスタバのタンブラー!今も愛用しています。
私達団体を温かく向かい入れてくれた、リャザン大学の日露学生交流会の皆さん。
Спасибо!!!(ありがとう!)
ロシアの地下鉄はホームもとても魅力的ですよね。一つ一つの細かい飾りや彫刻にいちいち感動してました(笑)いつか全駅を回ってみたいものです。
リャザンスキークレムリンに行きました。ちょっと離れた郊外にもこんな素敵な建物がロシアにはたくさんあります。そのような点もロシアの魅力の一つだと私は思います
リャザンではかの有名なレーニンさんとツーショットをとってもらいました。(笑)レーニンさんの像は割とどこにでもあります。
リャザン出身の詩人、セルゲイ・エセ―ニンの記念博物館にも行きました。リャザンの中心地からは離れていますが、観光客がたくさんいました。オカ川が隣に位置しており、自然豊かな場所でした。
長いようで短かったロシア生活も終わり、最終日にはさよならパーティーを開いてくれました。私たちのためにこんな素敵なケーキを用意してくれたなんて、ロシア人の温かさ、おもてなし精神が感じられます!

 いかがだったでしょうか?少しでもロシアに対するイメージが以前よりも良いものになっていただけたら幸いです!このように、弊団体は様々な活動を通してロシア人、ロシア語圏の方たちと日々接しています。弊団体では、ロシア語を大学で学んでいる学生だけでなく、ただ「ロシア」に興味がある!という学生もたくさんいます。そんな私たちと一緒にロシアに夢中になって、ロシアの魅力を発信していきませんか?今このブログを見ていただいている皆さんと一緒に活動できることを楽しみにしています!

До свидания!! (さようなら‼)

ロシア・ユーラシア文化祭 プラーズニク

 2/23,24日にロシア・ユーラシア文化祭 プラーズニクを開催しました!先輩方が約一年半もかけて作り上げてくださった大舞台。私たちも準備段階から関わらせていただきました。

 初めての試みで、先輩方には私には計り知れない困難があったと思います。それでもこのように素晴らしいイベントになったのは、たくさんの方々の努力と支えがあったからです。

 この記事を書いている私は、このイベントを最高に楽しみました!笑  自分が好きな国のことをたくさんの人に伝えられるチャンスだったし、自分の考えや意見を聞いてくれる方々がいて、それが形になることがとても嬉しかったです。 たくさんの人と関わって、お話を聞いて、学ぶことがたくさんありました。自分にとって素晴らしい機会だったと思います。

 ここには書ききれないほど、主催者それぞれにたくさんの想いがあると思います。関わった全ての方々に感謝しています!!  

新春日ロ交流のつどい

2020年1月29日、東京都港区にある在日ロシア大使館にて、「新春日ロ交流のつどい」に参加してきました!

とても貴重な体験をさせていただけたので、ここで少しご紹介します😊

まず会の幕開けを飾ったのは、大使館付属の学校合唱団「ロシアンカ」による素敵な歌と踊りのパフォーマンス!

そして、オリヴィエやピロシキといった、大使館専属シェフによるロシア料理が振る舞われました🤤🤤🤤🤤

またロシア人による生花などが展示されてたりと、見どころ盛り沢山のイベントでした。

会場ではロシア人だけではなく、ロシアに関する仕事を現職となさっている方々とも交流でき、そしてそして駐日ロシア大使であるミハイル・ガルージン氏ともお話しをさせて頂きました(すごいぃ!!😳)。

初めてのことばかりの、私にとって大変良い経験をさせていただけました。そしてもっとロシア語の勉強頑張らねばと思いました!

今回の行事で知り合うことのできたロシア人の方々と、私たち日露学生交流会のイベントでもまた関わることができるよう、今後のイベントを組んで行けたらなあと考えています!!

はじめまして! 新幹事団です!

こんにちは。2020年度新広報幹事です。幹事の引き継ぎが終わりましたので、新幹事の皆さんから一言いただきました!!今年度も日露学生交流会をよろしくお願いします!

幹事長   

2020年度日露学生交流会代表の本橋絢音です。今年は特に『交流』を重視し、今までの活動にプラスしてロシア語圏の留学生との交流を活発化させるよう尽力していきます!気になるイベントがありましたらお気軽にご連絡ください!よろしくお願い致します。

副幹事長

副幹事長兼広報の宝地戸愛伶です。楽しく充実した活動をサポートし、同時にロシアの魅力、サークルの魅力をたくさん発信できるよう頑張ります!

広報

広報の田中めぐです。日露の活動をもっといろんな人に知ってもらえるようにどんどん発信していこうと思います!

企画

企画の遠入身延です。多くの人に参加してもらえるような楽しいイベントを企画して、日本とロシアの文化交流を進めていきたいと考えています。

企画の栁澤瑠名です。ロシア語圏の人々と交流したり、様々な楽しいイベントを企画していきたいと思います!

総務

総務の高井空です。訪露・訪日事業はもちろん、日露学生交流会をきっかけにたくさんの人が交流できるようにサポートしたいと思います!

総務の吉川博人です。メインイベントである訪露・訪日事業が円滑かつ楽しく行えるよう努めます!たくさんの方々の参加をお待ちしております!

財務

財務の土屋紗輝です。お金に関してやり取りの混乱や誰かが損することのないよう、きちんと管理します!

新歓

新歓担当の松田です。無駄を省いて合理化できるように頑張ります。

ウラジオストクで将棋、チェス交流

こんにちは!今回は、将棋やチェスでロシア人と交流を行った兵藤大介さんによるレポートです🥰 素敵な体験をまとめてくださいました!ぜひ読んでみてください!

今回は将棋・チェス交流会という形で、初めてウラジオストクに訪れた。自分は将棋もチェスも初級者レベルでしたので、訪問前は不安が大きかった。
到着後すぐに歓迎レセプションがあり、多少周りの人と打ち解けることができた。


将棋・チェスの前にマトリョーシカの絵付けをした。顔が小さくなってしまい残念だったが、色塗りは上手くいった。


その後チェスを体験した。ロシア人の方がチェスのコツを教えてくれて、駒を有効に使えるように戦術を組み立てていくことが分かった。この時はロシア語での説明で、言葉自体は完璧に理解はできなかったが、何を言っているかは大体分かったので、チェスが共通の言語として機能していることがはっきりと感じられた。自分はトーナメントには出場しなかったが、出場しなかった人同士でチェスを楽しむことができた。
次に日露の文化交流をした。意外にも、日本人がロシア式の書道を教えてもらい、キリル文字を書いた。こちら側は落款の作り方を教えることができた。落款はロシアでは折り紙より人気があるようだった。


そして将棋のトーナメントが始まった。ロシア人はチェスが強いため上達が早く、自分は負けが先行してしまった。それでも将棋を通して交流ができたと感じたし、勝った時は将棋の楽しさがよく分かったのではないかなと思った。
最終日はルースキー島に訪れ、極東連邦大学と沿海地方水族館に行った。極東連邦大学の日本語を学ぶ学生はみんなレベルが高くて驚き、自分もロシア語能力に磨きをかけたいと感じた。沿海地方水族館ではまずイルカたちのショーを、そして館内を見た。館内は途中から博物館的な性格も帯びはじめ、日本の水族館とはかなり違うなと感じた。
生活に関しては、ウラジオストクは思ったよりは寒くはなかった。もちろん日本よりは寒いが、防寒すれば涼しいくらいの感覚で過ごすことができた。むしろ室内は、ホテルの部屋も含めて暖かく、半袖でも過ごせるほどだった。
またロシアの料理は美味しく、また食べたいと思った。相手と腕を組んで飲むというロシア流のウォッカの飲み方も見ることができて面白かった。
ウラジオストクは海沿いや湾沿いのところが横浜と少し似ていて散歩にいい場所だなと感じた。日本と1番近いヨーロッパとも言われることが多いらしいのでまた機会があれば来てみたいと思った。

ロシア人高校生と日本人高校生の鎌倉散策

皆様はじめまして!この度広報幹事に就任しました、上智大学二年の権平 彩矢香(ごんだいら さやか)です!初めてのブログ投稿で緊張しているので文面はお堅い感じしますが、これから自分を出せるように頑張りますのでよろしくお願いします!

先日、3月10日にロシア人高校生と鎌倉から江ノ島まで散策するイベントに参加しました。ロシアからの参加者は26人、日本人の参加者は20人で、8班に分かれて行動しました。日本人参加者には大学生によるグループリーダーとロシア語を学ぶ高校生がいました。一班にロシア人高校生、日本人大学生、日本人高校生という構成で、お互い初対面にして午前11時から午後5時まで町を散策しました。

ロシア側も日本側もお互い「初めまして」だったのて、集合した当初は誰もがとても緊張した表情をしていました。
市内オススメスポットなども事前に知らされていたため、鎌倉に訪れるのが初めての学生にとってもとても歩きやすかったのではないかと思いました。主に、鶴岡八幡宮や小町通り、江ノ島のシーキャンドルなどが紹介され、私たちの班も足を運びました。いざ、班行動をして鎌倉市内を巡ってみると、いく先々で他の班の人員とすれ違います。その時、他班の楽しそうな様子、班員の打ち解けている様子、ロシア人同士の「楽しんでる?」「うん!」と言った会話が聞こえてきて、彼らの無邪気な笑顔に心があったかくなりました。

散策中の主な移動方法は徒歩で、江ノ島までは江ノ島電鉄を利用しました。歩きながらの移動では、意外なものに目が止まり、その都度足を止めながらマイペースに進んだ。鶴岡八幡宮ではリスが現れ触れ合ったり、私たちは何とも感じない鳩の群れに突入したり、、、。気ままな散歩も、様々なところに刺激があり、いく先々で楽しみました。江ノ島電鉄はとても温かみのある面持ちをし、車内も落ち着いた雰囲気でした。散策の終わり頃に乗車したので、移動中は疲れた体を癒し、次の散策場所の江ノ島に向けてパワーをチャージしました。

鎌倉を散策し始めたころは、過ごしやすい気候で、気温もちょうどよかったが、お昼を過ぎたあたりから雲行きが怪しくなり、私たちの班が江ノ島についた頃から雨が降り始めてしまいました。あいにくの天気となってしまったが、私たちは散策を満喫しました。

散策後はバスで移動し、ロシア人高校生の宿泊するホテルへと向かいました。バスが到着したあと、私の班のロシア人高校生は「待ってて!」と言って部屋にもどり、ロシアのお土産をもらいました。彼は家族の手作りの蜂蜜を日本人学生の私たちにプレゼントしてくれました。

小さな異文化交流がなされた素敵な1日でした。頼もしい高校生とも出会えて楽しかったです。

ロシア留学記 11月

皆さんこんにちは!最近、ブログの更新が遅くてすみません、、、

今回のブログでは、11月に行った場所等についてまとめていきます!

お出かけ!

11月になってくると、外は寒く暗くなっていき、気持ちもだんだん下がっていき、後から予定を見たらあまり何もやっていませんでした、、、笑

モザイクの庭

現地ロシア人がオススメする観光地、モザイクの庭 (мозаичный дворик) へ行って参りました。アパートの中庭が、タイルによるモザイクで綺麗に飾られています。夏の庭園の近くにあります。ぜひ、行ってみてください!

ちょっと古い。だけど綺麗

チベット寺院

初のチベット寺院。ブッタと再開できた。

以前、ペテルブルクにあるモスクを紹介したと思いますが、それ以外にお寺もあります。最も北にあるお寺だそうです。残念ながら、日本仏教ではなくチベット仏教なのですが、それでもなにか懐かしいものを感じることができました。長期留学生は一度行ってみると良いかも?

日本フェスティバル

人気だった習字コーナー

「日本におけるロシア年、ロシアにおける日本年」の一環として日本フェスティバルが開催されました。囲碁、将棋、おりがみ、書道等の体験コーナーに加え、剣道や日本の伝統音楽の披露等もありました。知り合いとめちゃくちゃ会った日でもありました笑

サッカー観戦

ペテルブルクで大人気サッカーチーム「ゼニト」の試合を見てきました!ワールドカップのために建てられた新しいスタジアムはとても綺麗でした。また、サッカーだけでなく、ファン達による応援も見ていて飽きませんでした。サッカー好きはぜひ1度は試合を見に行ってください!

ゼニトがゴールを決めたら「ゼニゼニゼニゼニ!」とアナウンスが入る

ロボット展覧会

感情を動いて示す猫耳ロボット

ITが有名なロシア、ということでロボットもすごいであろうと思って見に行きました。正直に言うと、少し残念な展覧会でした、、、展覧会自体は多くの子供達で賑わってました。

最後に、、、

他の月に比べてお出かけが少なくなってきました笑

大体、授業が終わると寮へ帰り宿題等をやってご飯作って寝る、という生活をしていた気がします。

ただ、それだけだと確実に病みます。最近感じたことは、部屋に籠もって病むより、誰かを誘って出かけたほうが健全だということです。

ロシアの冬をなめてはいけません。これから留学を控えている学生は、覚悟してください!笑

それでは!👋

ロシア留学記 10月 その2・スーパー編・短期留学のお知らせ

皆さんこんにちは!先週は忙しくてブログ更新できませんでした、、、申し訳ございません。

最近、お試しでホームステイを始めた松浦です!

前の記事に引き続き、10月に行った場所、そしてスーパーについてまとめていきます!

 

お出かけ〜 часть 2

10月後半はペテルブルク郊外へ出向いたり、ライブへ行ったり、パーティーへ参加したり、前半同様充実した日々を送ることができました!

バンクシー展

猿。

 

 

イギリス発の超有名ストリートアーティスト「バンクシー」の展覧会がサンクトペテルブルクで開催されたとのことで、早速行ってきました。

有名な絵画が多く飾られてましたが、全部偽物だそうです。実は、ロシアにも偽物のブランド品やパクリ映画などが溢れてます。こんな大体的にやるくらいです。笑

Little Big Live

ロシア初のレイブ系音楽グループ、Little Bigのライブに行ってきました!ロシア語ではなく英語で歌を歌っているのですが、だいたい馬鹿です。ライブには、エストニアのラッパーTommy Cashや、タタール語でラップを歌うTatarkaなど、スペシャルゲストも駆けつけ、大盛況に終わりました。

気持ち博物館(Музей Эмоции)

血の上の救世主教会の近くにある気持ち博物館。いくつかの部屋に別れていて、それぞれ怒り、恐怖、悲しみ、愛、楽しみなどの感情に分かれています。

特に「気持ち悪い」感情の部屋はカオスで、ウジ虫やタランチュラ、普通のゴキブリ、マダガスカルゴキブリなどが展示されてました。これら虫たちの一部とは触れ合うこともでき、ロシア人は皆、積極的にゴキブリと触れ合ってました!

ヴィボルグ (Выборг)

フィンランドととても近い、サンクトペテルブルク郊外の街の1つ、ヴィボルグへ行ってきました。

みんなで記念撮影!
ヴィボルグの要塞

 

 

要塞を中心に、ペテルブルクより、さらにヨーロッパらしい建造物や、彫刻、美術館、自然公園など様々な観光地があります。残念ながら、要塞は現在修繕中で見れない部分が多かったです。

また、ペテルブルクより北にあるせいか、とても寒かったのを覚えています。

クレンデレ。紙袋も可愛かった

 

 

 

ヴィボルグに来たらぜひ、クレンデレという菓子パンを食べて見てください!質素な味ですが、量がとても多く、食べごたえがあります。お土産にどうぞ!

ハロウィンパーティー

ロシアでは残念ながら、日本のように仮装をしてハロウィンを祝う習慣はありません。しかし、最近はクラブなどに行って、飲んだり、そのまま、、、なんてことが多いそうです。私は、クラブではなく、日本語を勉強しているロシア人と共に映画を見れるレンタルスペース、ムービーハウス( Кино хауз )でホラー映画を見ました。宅配ピザを頼んでみんなで食べたり、後半はカラオケをしたりと、とても楽しかったです!

映画の内容全然覚えとらん、楽しかったのは覚えてる!

 

スーパー

価がとにかく安いロシア。それを特に感じられるのがスーパーです。食材の値段、売り方、買い方などについてまとめていきます!

スーパー自体について

入り口近くに家具が売っている!!!

ロシアのスーパーは本当にスーパーです。大きいスーパーには、食品、日用品以外に洋服、おもちゃ、スポーツ用品、電化製品、家具まで本当に全て揃ってます。(なぜか唯一揃ってないのが、裁縫セット、、、)

スーパーマーケット自体は、ロシア語でсупермаркет(スーペルマルケット)というのですが、このような大型スーパーは別にгипермаркет(ギーペルマルケット)と言われています。

ギーペルマルケットの特徴は品揃えの多さだけでなく、割引にもあります。だいたいどのスーパーにも会員カードがあるのですが、大型スーパーはそれの恩恵がデカイです。ロシアに留学した際には、ぜひ会員カードを作りましょう!

ちなみに代表的なギーペルマルケットはЛента(リエンタ)、Ашан(アシャーン)、Prisma(プリズマ)等です。ペテ大の寮に住む方は、特にリエンタにお世話になる機会が多いと思います!

普通のスーパーには、Пятёрочка(ピッチョーラチュカ)、Дикси(ディクシー)、Перекресток(ピリクリョーストク)、семьЯ(シミヤー)などがあります。ピッチョーラチュカはどこでも見かけます。ピリクリョーストクは、ペテ大寮に入るとかなりお世話になるスーパーです!

売り方

野菜の量り売り会場

 

野菜、肉、魚は基本的に全て量り売りです。他には、お惣菜、小さなチョコなども量り売りされてます。

日本も重さで野菜等は売られてますが、すでに量が決められてますね。それとは違い、自分で欲しい分だけ袋に詰め、重さを量り、バーコードが書かれたシールを貼り付けて購入します。

肉売会場

 

野菜を買うのは簡単なのですが、問題は肉と魚です。特設カウンターに肉、魚がズラッーっと並んでいて、そこにいるおばちゃんに何がどれだけ欲しいか伝えなければいけません。

私は今でも肉を買う時は、指さして、重さだけ伝えてます笑

売られている肉は、日本と同じ様に豚、牛、鶏です。しかし、たまに仔牛やヤギ、うさぎなどの肉も見ることができます。

 

一面アルコールだらけ

 

 

アルコールの種類が多いのもロシアならではなのかなと思います笑 ロシアでは18歳から飲酒が可能です。しかし、日本では20歳からですし、健康の事も考えて、アルコールを買うのは20超えてからにしましょう!笑

普通のスーパーでは、アルコール購入時、レジでIDチェックが必ずあります。黙ってパスポートを見せましょう。

 

値段

野菜は、ものにもよりますが、1つだけだと10円になるかならないかくらいです。私は基本、1週間に1度リエンタに行っていたのですが、だいたい玉ねぎ3個で20〜30円、人参一本で15円とかです(あまり覚えてないのでここに書いてある値段は少し適当です。でも、そんな気にならないほど安いってことです、、、)

牛肉約500gで600円ほど

 

お肉は豚肉でも牛肉でも500gで大体、500〜600円程度です。

加工品になると少し高くなりますが、ソーセージは1本だいたい100円しないくらいだったと思います。でも、めちゃくちゃ美味しいです笑

顔と同じくらいの大きさ

 

僕がよく行くリエンタには鶏肉の量り売りがありません。なのでいつもタッパーに詰まったものを買っているのですが、これも500gだいたい600円しないくらいだと思います。

牛乳。これで200円はしない。机が汚いことから寮が嫌いな理由を察して、、

 

 

 

乳製品も安いです。だいたい牛乳2Lほどで200円しないくらいです。チーズ、サワークリーム(スメタナ)、ケフィア(酸味のある牛乳みたいなもの)なども安いです。(詳しい値段はあまり買わないのであまり分かりません、、、)

卵は4個入りパックが100~200円くらいだと思います。ただ基本新鮮ではないので、絶対に火を通してから食べてください!

ジュース、お菓子、アルコールとかは自分はあまり買わないのでいくらなのか詳しく分かりませんが、日本よりかは遥かにお求めやすい価格です。

これだけ買って約2000円。1週間分の食材です!

日本人向け

ジャポニカ米

やはり日本人に無くてはならないのがお米だと思います。どこでもお米自体は変えるのですが、なかなkジャポニカ米は見つかりません。そんな留学生にオススメなのが、リエンタに置いてある「Рис Японский(リース イッポンスキー)」です。まんま、「日本の米」というこの商品、800gで160円ほどです。このやすさでこのお米。買うしかありません。

他にも、大抵のスーパーには「しょうゆ」、「(怪しい)感想そば」、「(韓国)のり」など日本人にはゆかりのあるものは意外と売っています。ぜひ、これらを使ってロシアを生き延びてください!

 

短期留学プログラム

最後に少し宣伝です。

サンクトペテルブルクにある私立語学塾「東洋アカデミー」が毎年開催している春の短期留学プログラムの情報が公開されました!

時間割のモデル

ココからアカデミーの留学の詳細を確認してみてください!

2月から3月にかけての短期留学です。授業は1日大体2コマで、基本的にロシア語で行われます。

また、生活の形式としてホームステイと学生ホテル、学生賃貸を選べます。どれにしてもロシア語漬け生活となるため、語学習得にはもってこいの環境となると思います。

東洋アカデミーで日本語を学習する学生と交流する機会もたくさんあります。プログラム外の自由な時間でロシア人たちとお散歩したり、観光地巡りをしたりすることが出来るかも知れません。

昨年、僕は普通の勉強のコース、学生賃貸を選択しました。全体で掛かった費用は約37万円(航空機10万、授業料20万、生活費7万程度)です。確かに安くはありません。しかし、この額以上に貴重な経験ができたと思います。ロシア語力はもちろん、思い出、新しい友だち等々、とても価値のあるものを得られました!

ロシア語のレベルは関係ありません。授業のレベルは言えば変えることが出来ます。また、少人数授業になることが多いです。なので、間違えなどをすぐに直してもらえます。生活などのサポートは日本語で受けられるため、日常面でも困ることは少ないと思います!

ぶっちゃけ、初めての留学でかなりしんどかったです。日本食シックになりました。しかし、今、このプログラムを振り返ってみるとめちゃくちゃ楽しかったことしか思い出せません。

ロシア語をもっと勉強したい、ロシア語学習のモチベーションを上げたい、サンクトペテルブルクを観光したい、ロシア人の友だちが欲しい、ロシア料理を食べたい、ロシアへの長期留学の準備をしたい、なんて人にこの留学をお勧めします!

超楽しかった!

興味ある方、質問等ある方は、日露のメールを通して松浦に聞いてください。答えられる範囲で答えます。また、短期留学中の主に自由時間の様子をこちらのブログにまとめています。参考にしてみてください🥒

ぜひ、アカデミー春の短期留学への参加をしてください!

よろしくおねがいします!

 

 

ロシア留学記 10月 その1

皆さんこんにちは!

中国人に、中国人と間違えられました。松浦です。

10月は、ビザの更新のため、基本的にパスポートが手元にありません。そのため、サンクトペテルブルク内や、周辺の街々を回って過ごしました。

 

ビザ更新

ロシア留学の際、ネックになるのがビザ更新だと思います。

以前の記事で、日本国内での留学ビザ申請について紹介しました。実は、日本国内では90日間のシングル留学ビザしか申請することができません。シングルとは、1度の入国のみ許可、ということです。つまり、1度ロシアを離れてしまうと、もう一度入国するために再びビザの申請をしなければなりません。

そのため、ロシアに来てから、ビザの切れる1ヶ月前までにビザの更新をしなければなりません。

このブログではまず、そのビザの更新について簡単に説明したいと思います。

必要書類

  • パスポート(原本、コピー2部)
  • ビザ(原本、コピー1部)
  • ミグレーションカード ー миграционная карта(原本、コピー2部)
  • レジストレーションカード ー регистрация(原本、コピー1部)
  • ビザ更新手数料の領収書 ー Квитанция(1部)
  • 3x4証明写真(1部)

これらの書類を揃える必要があります。

ミグレーションカード。ペラペラ中身だけど、かなり大事

 

コピーは、コピーセンター(копи центр)で用意することが出来ます。数円でコピーできます。とにかく安いです!

領収書。レジストレーションの場所等の情報が書いてある

 

 

ビザ更新料として、1600ルーブル、日本円で2720円(11月14日現在)ほどかかります。ズベルバンクの支払い窓口で支払います。その時、領収書をもらうのですが、それの住所欄は「レジストレーションをしている場所(ペテルブルクで住んでいる場所)」にしてください!

 

 

僕は、この住所を間違えてしまったため、2回ビザ更新料を支払いました。(間違えても修正できるそうです、、、)

これらをまとめて、大学に提出します。だいたい1ヶ月程でビザの更新が完了します!

 

お出かけ〜

10月はペテルブルク内を観光してきました!黄金の秋 (Золотая осень)ということで、紅葉を見に行ったりしました。

青少年劇場

青少年劇場

 

芸術の街と言われるペテルブルクでようやく劇場へ行ってきました!

短期留学をした時に仲良くなった、ナースチャとミュージカルを見に行きました。

「カンタビルの幽霊」という演目を見ました。

何を言っているのかあまり分かりませんでしたが、音楽はとても見ごたえがありました!

エカテリーナ公園

紅葉!

プーシュキンへもまた行って参りました!紅葉で有名なエカテリーナ宮殿です。この時期、ここを訪れるのはマストです!

映画館

ジョンルンとのツーショ

 

スパイダーマンの大人気ヴィラン「ヴェノム」が主人公の映画”VENOM”を、台湾人の友人と見に行きました!

ロシア人は終始笑ってました。

最後の方に”какашка”と言っているのを唯一聞き取れた程度ですw(意味は各々で調べてください🙇‍♂️)

 

IKEA

IKEAAAAA

 

スウェーデンの家具屋さん、イケアにも行って参りました。

寮のランプは電球で、なおかつオレンジ色の光であるため、白いLEDライトのランプと、その他諸々を探しに行きました!

もちろん、ミートボールも

 

 

 

パルナス(парнас)という青線の一番北端の駅からバスで10分ほどのモール内にイケアはあります。

他にも、安いことで有名なロシアのスーパー、アシャーン(Ашан)や、ユニクロといったアパレルのお店等も入っています。留学中に一度は訪れたい場所です!

KOREAN FESTIVFAL

ステージでは伝統音楽や、K-pop、抽選などが!

 

日本でBTSの人気が下がったとしても、彼らの収入が減ることはなさそうだなと感じました、「朝鮮フェス」です!

地図の中には、北朝鮮も含まれていますが、特に北朝鮮要素は感じられませんでした笑

無料で朝鮮料理を楽しめたり、Lotteのお菓子や飲み物の購入、朝鮮の餃子など、韓国の現代的な文化を楽しめるフェスティバルでした。

キムチ!

 

 

フェスティバルに行った目的は、やはり料理です。本場のキムチは少し酸味が強かったです、、、笑

他にも、高麗人参キャンディーなど、面白いものなども食べられました!

意外と楽しかったです。

 

 

最後に

10月は、国内、海外含めて旅行できないから、あまりお金を使わないだろうと思ってましたが、そんなことはありませんでした、、、

流石、ロシア第二の都市です。様々な観光地があり、毎週何かしらのイベントが開催されています。

物価が安いからと調子に乗らず、計画的に生活をしていってください!笑

次のブログでは、お出かけの続き、そしてスーパーについてまとめたいと思います。

それでは、さよなら〜👋