散歩から学んだこと

всем привет)
こんにちは、はじめまして!上智大学のゴンダイラです!

5月下旬になり、お外が暖かくなってきましたね!起きるのが嫌じゃなくなってきました😉最近はWiiFitにハマり、毎日地道に身体を動かしています(笑

さてさて、このブログをご覧のほとんどの方はロシアに興味があると思いますが、今回のテーマは「ロシア人と散歩」についてです。

皆さんは散歩するのが好きですか?私は大好きです。日本で「散歩」というと、「健康づくりのための運動」のように捉えられがちですが、ロシアではただ歩くことはもちろん、友達と遊びに行くことも「散歩」の一つとして考えられています。

そのためか、ロシアではよく「пойдём гулять!(散歩に行こう!)」という声をよく聞くような気がします。実際街に出てみると老若男女問わず、たくさんの人が楽しそうに街を歩いている様子が伺え、日本人よりも積極的に散歩を楽しむ姿勢があるように感じました。

私は以前、日露学生交流会の活動の一環で、鎌倉や横浜を訪れたロシア人と市内観光をするというイベントに参加したことがあります。当日は猛暑日だったにもかかわらず、ロシアから来た生徒たちは終始楽しそうに話しかけてくれたり、写真を撮ったりしていました。約5時間の散策を終え、帰路に着く頃には「会えて本当に良かった!今度私たちのところに遊びに来て、一緒に散歩しようよ!」と温かい言葉をかけてくれました。その日は20km以上歩いたにもかかわらず、私の「脚は疲れていない?」という問いにも「全然!むしろ、身体が元気になるよ!」と明るく返してくれました。本当に散歩が好きな国民なんだな、と感じました。

また、ロシアの人たちは散歩を楽しむことを重視しています。彼らは魅力を引き出した素敵な写真を撮る天才で、それらを撮っては旅の思い出として大切にします。

彼らと一緒に歩くことで、日本人にとってのただの「散歩」がとても豊かで実りあるものとなりました。また、彼らの視点から見る「日本」にたいして新たな魅力を発見する機会ともなりました!皆様もぜひロシアの人たちと交流し、相手の国の良いところや自国の文化を見つめ直し新しい発見をしながら親睦を深めみてはいかがですか?🇷🇺🇯🇵

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です