訪露とは?

訪日企画と同様、毎年夏に開催される日露学生交流会の代表的なイベントです。

日本人がロシアへと約10日間行きます。行き先は、シベリアの首都「ノヴォシビルスク」とモスクワ近郊の街「リャザン」です。どちらの街でも現地学生の家にホームステイさせてもらいます。ロシア人の生活や暮らし方を肌で感じられる貴重な機会だと思います!

訪露企画も主に2つのことに分ける事ができます。

1つ目は、観光です。ロシアの博物館や、公園や森、大学、教会、ショッピングモールなどに行くことが出来ます。リャザンへの訪露ではロシアの首都「モスクワ」へ行くことも出来ます。ノヴォシビルスクへの訪露の際はシベリアの豊かな自然や、シベリア鉄道の大きな駅などを観察することが出来ます。食べ物や飲み物も日本とは全く違うため、訪露中はカルチャーショックの連続になると思います。ロシアの印象に「寒い」というものがあると思いますが、訪露は夏に開催されます。ロシアの夏がどれほど暑いか体験できる興味深い10日間でしょう。

 

もう1つは、話し合いです。2017年の訪露では、現地の大学で、SNSについてディスカッションしました。そして、その様子がカメラに撮られ、ロシアのニュース番組で放送されました。ロシア人と日本人の似ているところ、違うところを知る事ができる、とても価値のある経験ができます。

今年、2018年度からは、新たな訪露先としてタタールスタン共和国の首都「カザン」が追加される予定です。ビザの問題でなかなか行くことが出来ないロシアですが、日露学生交流会を通して1度訪れてみてはいかかですか?