訪日とは?

訪日とは、毎年夏に開催される日露学生交流会のビッグイベントの1つです。現在はノヴォシビルスクの学生とリャザンの学生を毎年交互に受け入れています。

日本に来たロシア人達は、会員の家で約10日間ホームステイをします。長い間ロシア人達と関われるため楽しいだけでなく、生きた文化やロシア語について学ぶ良い機会にもなります。

訪日中は、主に2つのことをします。

まず1つ目は、ロシア人の案内です。浅草、渋谷、秋葉原などの東京都内だけでなく、鎌倉や横浜など近郊へも行きます。またロシア人を受け入れている人には、ファミリーデイという日もあります。その日は、受け入れた家族で自由に行動ができます。受け入れてくれた会員とロシア人学生の仲をさらに深められます。

 

2つ目は、ロシア人とのディスカッションです。ロシアについて、ロシア人に発表してもらいます。そして、それについて皆で話し合います。プレゼンテーションの内容は文化や、音楽、習慣や、若者の生活など、様々なものがあります。遊びだけでなく、ロシアについて学ぶことが出来るのが訪露の魅力の1つだと思います。

訪日には、もちろんロシア人をホームステイ受け入れしなくても参加することは出来ます。ロシア人との特別な10日間を過ごせるとても良い機会です。